聖獣(せいじゅう)セルケト/Mystical Beast of Serket》

効果モンスター
星6/地属性/天使族/攻2500/守2000
(1):自分フィールドに「王家の神殿」が存在しない場合にこのカードは破壊される。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードが戦闘で破壊したモンスターは除外される。
(3):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの攻撃力は500アップする。

 「遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2」攻略本下巻 付属カードで登場した地属性天使族上級モンスター
 特定条件下で自壊する永続効果戦闘破壊したモンスター除外する永続効果自己強化する誘発効果を持つ。
 また、《王家の神殿》の(2)の効果を使うために必要なモンスターでもある。

 上級モンスターとしては攻撃力は高く、(2)と(3)の効果により、戦闘破壊したモンスター除外し再利用を封じ、自己強化によりさらに攻撃力が上がる。
 破壊したモンスター墓地へ送る必要がないため、モンスタートークンペンデュラムモンスター戦闘破壊した際も自己強化が可能。
 しかし(1)のデメリットにより《王家の神殿》がないと自壊してしまう。
 アドバンス召喚した場合は《進撃の帝王》でも維持できるものの、アタッカーとして使うなら他の上級モンスターを選択した方が安定するだろう。

 上述の通り、《王家の神殿》の「任意の融合モンスター特殊召喚する効果」を使う際に、コストとして必要なカードでもある。
 しかし《王家の神殿》もこのカードサーチリクルート手段に乏しく、アドバンス召喚ではカードの消費も厳しくなる。
 蘇生などの特殊召喚《ファントム・オブ・カオス》効果をコピーするといった方法で負担を減らしたい。

  • 「セルケト(Serket)」とは、エジプトの伝承に登場する女神であり、墓所で棺を守るとされる。
    サソリが頭に乗った人間の姿、または下半身がサソリの姿で描かれている。
    サソリの姿をしたモンスター天使族なのも、このモデルを考えれば納得である。
    なお、このモンスターの弟分である《ミレニアム・スコーピオン》は、昆虫族である。
  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」における「城之内vsリシド」戦にて、リシドが使用した切り札。
    「聖なる領域の守護神」という肩書きで登場している。
    このカードで城之内のモンスターを次々戦闘破壊し、攻撃力を5225ポイント(アニメ版では5825ポイント)まで上昇させた。
    このまま攻めていれば城之内に勝てたのだが、マリクの都合でこのカード生け贄《ラーの翼神竜》召喚することになる。
    しかし、その神のカードコピーカードであったため、神の怒りにより決闘はあらぬ方向へ向かう。
  • アニメ版とOCG版では全体的なカラーリングが異なっている。
    アニメ版では全身が赤一色で黄色い模様に白い棘が生え、青い目というカラーリングに対し、OCGでは体色は赤紫だが手足や尻尾は黒く、生えている棘は青、体の模様は赤、そして目は黄色で瞳孔が存在している。
  • フォルスバウンドキングダムでの攻撃モーションは原作やアニメと異なり、ハサミを打ち鳴らした後に相手の真下から炎が立ち昇るというものである。
    巨大な三幻神なども相手となりうるこのゲームでは、相手を捕食するモーションは難しいだろう。
    攻撃名は「サクリファイス・イーター」、自身の攻撃力強化する超必殺技名は「サクリファイス・ソウル」。
  • ゲーム内での英語名は、海外版のカードが登場するまで《Mystical Beast Serket》だった。
  • スマホアプリ「デュエルリンクス」では原作通りリシドが使用するとカットインと共に専用ボイスが用意されている。
    また、攻撃力強化効果は「聖獣進化」という名前が付けられている。

関連カード

−サソリのモンスターについては《鉄のサソリ》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自壊除外永続効果自己強化誘発効果です。(13/01/09)

Q:《王宮の鉄壁》フィールド上に存在し、このカード戦闘破壊したモンスターが(2)の効果除外されなかった場合、このカード攻撃力はアップしますか?
A:はい、その場合でも(3)の効果発動し、攻撃力はアップします。(15/01/12)

Q:戦闘相手モンスター相打ちになった場合、相手モンスター除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(14/04/07)


Tag: 《聖獣セルケト》 効果モンスター モンスター 星6 地属性 天使族 攻2500 守2000

広告