千眼(せんがん)邪教神(じゃきょうしん)/Thousand-Eyes Idol》

通常モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
人の心を操る邪神。
千の邪眼は、人の負の心を見透かし増大させる。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》融合素材

 攻撃力守備力共に0でモンスター効果もなく、《ワイト》をも下回る最弱ステータスモンスターである。
 しかしステータスの低さゆえにサポートカードは多く、《悪夢再び》《おもちゃ箱》《カメンレオン》等幅広いカードに対応する。
 闇属性魔法使い族通常モンスターという点から手札では《闇の誘惑》《凡人の施し》フィールドでは《ルドラの魔導書》《ワンダー・ワンド》《馬の骨の対価》など様々な手札交換カードに対応する。
 《トレジャー・パンダー》でのリクルート後にそれらのコストにしたり、《高等儀式術》墓地へ送った後、《補充要員》《闇の量産工場》《トライワイトゾーン》などで蘇生サルベージ手札交換してしまうのもいいだろう。

 また、《バトルフェーダー》《ジェスター・コンフィ》《ホワイト・ダストン》等サポートを共有しやすいモンスターもおり、組み合わせるのも難しくない。
 通常モンスターであるため《リンク・スパイダー》リンク素材にすることができ、レベル1であるため《リンクリボー》リンク素材自己再生コストに使用することが可能。

 融合先の《サウザンド・アイズ・サクリファイス》は通常《簡易融合》特殊召喚されることの多いモンスターだが、このカード《サクリファイス》ステータスが完全に同一である。
 《悪夢再び》などの低ステータスサポートや《金華猫》などのレベル1サポートを《サクリファイス》と共有可能。
 したがって、【サクリファイス】融合召喚ギミックを組み込むのは決して難しいことではない。

 フィールドに出すだけならば儀式モンスター《サクリファイス》よりも簡単なので、融合素材代用モンスターを用いてフィールド融合を狙う場合は優先しやすい。
 中でも、種族以外のステータスが共通して自力でフィールド融合を行える《パラサイト・フュージョナー》や、起動効果特殊召喚を行える《融合呪印生物−闇》等とは相性が良い。

  • 英語名の「Idol」とは偶像、つまり神仏をかたどった像のこと。
    「偶像崇拝」という言葉は「邪教」のイメージを含むため、宗教関連の規制が厳しく「God」などの単語が使えない欧米で「邪教神」というイメージを出すべくこのネーミングに至ったようだ。
    なお、日本語の「アイドル」の語源はこの「偶像」の意味の「Idol」である。
  • イラストを見る限り眼は18(原作では21)個しかない。
    名前負けしているのか、それとも背中側や手、足に982(979)個あるのだろうか。
    ただし千は数が多いことも意味し、日常的な例を挙げれば千切りなどといった意味でも使われているため、あながち間違っているとは言えない。
  • アニメZEXALの「遊馬vsチャーリー」戦においてチャーリーが使用した永続罠《ダイス・クライシス》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは、OCGのものとはテキストが異なる。
    「全身の無数の目で睨まれたものは動きを封じられてしまう」と書かれている。

関連カード

融合関連

収録パック等


Tag: 《千眼の邪教神》 通常モンスター モンスター 星1 闇属性 魔法使い族 攻0 守0

広告