戦華史略(せんかしりゃく)東南之風(とうなんのかぜ)

永続魔法
このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
コイントスを1回行う。
表だった場合、このカードを墓地へ送る。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
このターン自分の「戦華」カードの効果の発動に対して相手は効果を発動できず、
自分フィールドの全ての「戦華」効果モンスターはターン終了時まで以下の効果を得る。
●このカードの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 RISE OF THE DUELISTで登場する永続魔法
 2回目のスタンバイフェイズ自壊する効果外テキストコイントスが表だった場合にこのカード墓地へ送る効果墓地へ送られた場合に自分戦華カードの効果相手チェーンできなくなり、戦華モンスター効果を付与する効果を持つ。

 《戦華史略−三顧礼迎》と同じく2回目のスタンバイフェイズ自壊する効果外テキストを持つ。
 墓地へ送られれば(2)につながるものの、こちらの(1)はアドバンテージを得られるものではないため、基本的に適用されるまで維持されることはないだろう。
 上述の理由によりあまり関係ないが《戦華史略−三顧礼迎》同様《戦華史略−十万之矢》の(2)の効果によりカードの発動を伴わない方法でフィールド表側表示で置いた場合、この自壊は発生しない。

 (1)はコイントスで表が出た場合に自身を墓地へ送る効果
 (2)の効果につなぐことができるが、【戦華】コスト効果墓地へ送る手段はいくらでもあるデッキであるため、あまり発動する事はないだろう。
 一応、事故などで狙ったタイミングに墓地に送れない事はあるため、有って困る効果ではないが、確実でないため頼りにくい。

 (2)は墓地へ送られた場合に発動できる効果であり、戦華カード効果の発動相手チェーンできなくする。
 さらに発動フィールドに存在する戦華モンスター攻撃宣言相手フィールドのカードを1枚選んで破壊できる効果を付与する。
 戦華カードの効果相手チェーンできなくなるため展開を妨害される危険が大きく下がる。
 また戦華モンスターにはコストが必要な効果も多いため、それらを妨害されないということはディスアドバンテージを大きく減らすことにつながる。
 更に追加効果により戦華モンスター攻撃宣言の度に、相手フィールドのカード対象をとらない破壊できるため大きくアドバンテージを得られる。
 チェーンを封じる効果も追加効果も優秀ではあるが、チェーンを封じる効果は初動で適用したいのに対して追加効果は展開後に付与したい為墓地へ送るタイミングが難しいカードである。
 1ターンに1度の制限を持たないため、サーチサルベージなどを駆使して1度のメインフェイズに2度墓地へ送ることも考えられる。
 ただし、このカード戦華モンスターコスト効果で墓地へ送っても処理の関係上チェーンを封じることはできないので注意。

  • 東南之風(とうなんのかぜ)」・「東南の風」は「赤壁の戦い」の終盤において発生したとされる神風。
    建安13(西暦208)年の冬の赤壁の戦いで、諸葛孔明が東南の風を祈祷によって起こし、孫呉軍の火攻め作戦を成功に導く逸話がある。
    なお、この赤壁の地では冬の特定の時期に自然に東南の風が吹くとされ、諸葛孔明は事前にそれを知っていて、風が吹くまで祈祷を続けたという説もある。
    このカードは発動後2回目のスタンバイフェイズ自壊するが、(1)の効果で行う祈祷の結果に関わらず、一定のタイミングで(2)の効果に繋げられるようになっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《戦華史略−東南之風》 魔法 永続魔法 戦華

広告