創世(そうせい)預言者(よげんしゃ)/Herald of Creation》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1800/守 600
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
自分の墓地のレベル7以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 ストラクチャーデッキ−巨竜の復活−で登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 手札コスト1枚で、レベル7以上のモンスターサルベージする起動効果を持つ。

 最上級モンスターを多用するデッキにおいては有用な効果である。
 墓地に眠る最上級モンスターサルベージしつつ、手札腐っているカード墓地に置ける。
 だが通常召喚可能な最上級モンスターなら墓地から蘇生させた方が有効な場合が多く、特殊召喚制限があるなど、墓地そのものからは利用し辛いカードを回収したい際に採用する事となる。
 《光と闇の竜》《フェルグラントドラゴン》《ダーク・アームド・ドラゴン》《裁きの龍》《古代の機械巨人》《創世神》《邪龍アナンタ》等、”蘇生できない最上級モンスター”をサルベージするのが一般的。
 一応、融合モンスターシンクロモンスター最上級モンスターエクストラデッキに戻して再び特殊召喚する機会を得ることもできる。

 上記の中でも《裁きの龍》との相性は良い。
 【ライトロード】では、ライトロード効果によって、切り札の《裁きの龍》墓地に送られることも多々ある。
 ライトロードを捨て、《裁きの龍》召喚条件を満たしつつ、サルベージした《裁きの龍》を即座に特殊召喚ということも可能。
 いざとなればアタッカーにもなり、光属性なので《オネスト》などのサポートを共有できる点もマッチしている。
 《大寒波》無制限カードだった時代は、その適用下でも効果を使用できる点も高評価であった。
 現環境では《大寒波》禁止カード化や、通常召喚権を取られる点、《裁きの龍》効果を使用すると結局《死者転生》ディスアドバンテージが変わらない点からか、《死者転生》に役割を譲る場合も多いが、モンスターであるためサーチライトレイの種類の数にできる点を着目する構築もある。

 《超魔導剣士−ブラック・パラディン》等の最上級モンスター同士の手札融合の助けになる。
 《おろかな埋葬》《E・HERO プリズマー》等でデッキから墓地へ落とし、効果で回収する事で素早く素材を集めることができる。
 他にも、手札から特殊召喚できる《冥府の使者ゴーズ》《冥王竜ヴァンダルギオン》を回収するのも有効である。
 《神獣王バルバロス》《可変機獣 ガンナードラゴン》等を手札に戻し、妥協召喚しても良い。
 《トレード・イン》《アンティ勝負》に必要な手札も揃えることができる。

 自身が魔法使い族であるため《ディメンション・マジック》との相性もいい。
 墓地最上級魔法使い族を回収できるため自身の効果ともシナジーする。
 《ブラック・マジシャン》などをサルベージし、《ディメンション・マジック》での特殊召喚につなげることも可能。
 高いステータスが災いして自身をサーチする手段はあまり多くはないが、《マジシャンズ・サークル》に対応しているため積極的に特殊召喚を狙ってみるのもいいだろう。

  • 「預言者」とは、読んで字の如く「神の啓示(言葉)を預かった者」という意味であり、有名どころとしてはアダム、ノア、モーゼ、イエス、ムハンマドが挙げられる。
    また「未来予知をする者」は「予言者」であり、それとよく混同されるが別物なので注意。
    ちなみに英単語においては、預言者は「prophet」、予言者は「foreteller」となる。
    このカード英語名に使われている「Herald」は「伝える、布告する」という意味合いであり、日本語に訳すと「創世(神)の使者」といったニュアンスになる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果種別は何ですか?
A:起動効果です。(11/06/24)

Q:手札を1枚捨てるのはコストですか?
A:コストです。(11/06/24)


Tag: 《創世の預言者》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1800 守600

広告