堕天使(だてんし)スペルビア/Darklord Superbia》

効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻2900/守2400
このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する「堕天使スペルビア」以外の
天使族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

 Vジャンプ(2008年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した闇属性天使族最上級モンスター
 自身が蘇生された時、同名以外の天使族を1体蘇生できる任意の誘発効果を持つ。

 天使族ならどんなモンスターでも蘇生できるので、優秀な効果を持つ最上級モンスター蘇生すれば大きなアドバンテージを得られる。
 このカード自身も最上級モンスターとして十分なステータスを持つため、単純な戦線強化も計れる。
 なお、手札フィールドでは通常モンスターと変わらないため、早めに墓地へ送る必要がある。
 デッキに存在する場合は《おろかな埋葬》等で直接墓地に送り、手札に存在する場合は《サンダー・ブレイク》等の手札コストにすると良いだろう。
 レベル8なので《トレード・イン》も使用でき、闇属性なので《終末の騎士》等も使用できる。

 このカード蘇生させる方法は、《リビングデッドの呼び声》等の汎用的な蘇生カードを筆頭に多く存在する。
 比較的使用しやすい蘇生効果は、《アテナ》《ダーク・クリエイター》が存在する。
 ただし、《ダーク・クリエイター》光属性が多いと手札事故を誘発しやすいことと、除外する天使族の選択には注意が必要である。
 《光神化》《地獄の暴走召喚》コンボ《光と闇の竜》蘇生するのも良いだろう。
 なお、任意効果であるためチェーン1で蘇生しないとタイミングを逃し効果を使用できなくなる点には注意が必要である。

 このカード蘇生する天使族は、なるべく強力な効果を持つモンスター蘇生したい。
 《大天使クリスティア》蘇生すれば、《トラゴエディア》等を抑止することが可能である。
 バーン効果を持つ《アテナ》も強力で、このカード蘇生にも役立てることができる。

  1. 手札《アテナ》以外の適当な天使族モンスター(Xとする)。
    フィールド《アテナ》(Aとする)・《光の結界》
    墓地《アテナ》(Bとする)・《堕天使スペルビア》・《アルカナフォースXXI−THE WORLD》《レベル・スティーラー》をそれぞれ揃える。
    (枚数は全て1枚ずつ)
  2. Xを召喚
  3. 《アテナ》Aの効果でXを墓地へ送り、墓地の《堕天使スペルビア》を蘇生
  4. 《堕天使スペルビア》の効果《アテナ》Bを蘇生
  5. 《アテナ》Bで《堕天使スペルビア》を墓地へ送り、再び《堕天使スペルビア》を蘇生
  6. 《堕天使スペルビア》の効果《アルカナフォースXXI−THE WORLD》蘇生《光の結界》で表の効果を得る。
  7. 《アテナ》(どちらでも良い)を選択して《レベル・スティーラー》蘇生
  8. ここまで《アテナ》バーン効果のみで4200ダメージ
    さらに、自軍の全モンスター直接攻撃したとすると11800ダメージ
  9. 《アルカナフォースXXI−THE WORLD》効果《レベル・スティーラー》と手順7でレベルが下がった方の《アテナ》墓地へ送り、相手ターンスキップ
  10. 次のターン、手順3に戻りXではなく《堕天使スペルビア》を墓地へ送り、再び《堕天使スペルビア》を蘇生
    以下繰り返し。

モンスター効果のみでループを成立させられるので《大嵐》などの補助カードを使用しやすく、達成は見た目ほど困難ではない。
《終末の騎士》《堕天使アスモディウス》《魔導雑貨商人》《おろかな埋葬》《死者転生》等を用いればキーカードを素早く墓地手札に揃えられる。

  • 定期購読限定カードであり、再録も行われていないので入手は非常に困難となっている。
  • 「スペルビア(superbia)」とは、七つの大罪の一つ「傲慢」のラテン語読み。
    七つの大罪については《グリード》を参照。

関連カード

―堕天使

収録パック等

FAQ

Q:効果対象をとりますか
A:はい、対象をとります。(09/05/19)

Q:《アテナ》効果でこのカード蘇生した場合、タイミングを逃しますか?
A:いいえ、チェーン1に《アテナ》バーン効果チェーン2にこのカード蘇生効果の順で処理します。(09/03/22)
  (→同時に複数のカードが発動した場合

Q:ダメージステップ中にこのカード蘇生した場合、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/05/07)

広告