大神官(だいしんかん)デ・ザード/Great Dezard》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1900/守2300
このカードが戦闘によってモンスターを破壊する度に以下の効果を得る。
●1回目:フィールド上に表側表示で存在するこのカードを対象とする
魔法・罠カードが発動した時、その発動を無効にし破壊する。
●2回目:このカードをリリースする事で、
自分の手札・デッキから「不死王リッチー」1体を特殊召喚する。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 モンスター戦闘破壊していく事で、魔法・罠カード発動無効にして破壊する効果《不死王リッチー》特殊召喚する効果を得る。

 上級モンスターとしては攻撃力が低く、モンスター戦闘破壊しないことには何の意味もないため、サポートカードを用して戦闘破壊を狙うことになる。
 しかし、《不死王リッチー》《青天の霹靂》で出せ、裏側守備表示になることで制約を解除できる。
 そのため、このカードをわざわざ経由する必要が薄い。

 1体目のモンスター戦闘破壊して得られる効果永続効果で、このモンスター対象にした魔法・罠カード効果解決時にそれを無効化・破壊する限定条件付きカウンターである。
 この効果を得ると、自分の単体強化も受け付けなくなってしまうので、先に《デーモンの斧》などを装備させておくか、《収縮》《禁じられた聖槍》等でサポートしたい。
 《おジャマトリオ》等を発動した後に《閃光の双剣−トライス》を装備し、一気に《不死王リッチー》召喚条件を満たすことも可能。
 戦闘ダメージこそ与えられないものの攻撃力を上昇させられる《奇跡の軌跡》を使うのもよいだろう。

 しかし《不死王リッチー》効果の関係上、デッキ構築は【アンデット族】寄りになるが、このカード魔法使い族である点がネック。
 《アンデットワールド》発動されていれば、各種アンデット族サポートを受けられるが、アドバンス召喚できなくなる。
 このカードと、戦闘破壊対象も出してくれる《マジシャンズ・サークル》も便利だが、このカード以外にも魔法使い族を投入しなければならず、《アンデットワールド》との相性も悪い。

 《魔導召喚士 テンペル》によって、デッキから容易にリクルートする事が可能である。
 さらに《グリモの魔導書》からサーチできる《ヒュグロの魔導書》は、攻撃力の上昇幅が大きく、後続の魔導書サーチできるため相性が良い。
 《閃光の双剣−トライス》《奇跡の軌跡》と併用する事で、2枚の魔導書サーチすることも可能。
 ただし《魔導召喚士 テンペル》効果特殊召喚した場合は、デメリットによりそのターン中は《不死王リッチー》特殊召喚することはできない。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ版DMで、戦いの儀の前に海馬が遊戯に差し出したジュラルミンケースの中に入っていたカードの1枚。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「以下の効果を得る」の効果分類は何ですか?
  また、効果を得ているこのカード効果無効になった後、再び効果が有効になった場合、得た効果適用されますか?
A:効果として扱われません。(14/12/04)
  また、一時的に効果無効になった場合、得た効果は再度適用されます。(14/10/30)


Tag: 《大神官デ・ザード》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻1900 守2300

広告