大天使(だいてんし)クリスティア/Archlord Kristya》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
(1):自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。
その天使族モンスターを手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(4):フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、
墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。

 Vジャンプ(2009年3月号) 付属カードで登場した光属性天使族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果墓地天使族モンスターサルベージする誘発効果を持つ。
 また、お互い特殊召喚を封じる永続効果フィールドから墓地へ送られる場合に自身をデッキトップ戻すルール効果も持つ。

 (1)の効果により、墓地天使族が4体のみであれば自身を手札からノーコストでの特殊召喚し、(2)のサルベージ効果を使うことができる。
 だが【天使族】には墓地肥やしの能力を持ったカードは少なく、《シャインエンジェル》《堕天使アスモディウス》などによって地道に墓地を肥やしていく必要がある。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》同様墓地の枚数調整も必要で、墓地モンスターが貯まりすぎている場合は、《神聖なる魂》《魂の解放》モンスターの数を調整すると良い。
 ただし、こちらは召喚制限が一切なく、《神の居城−ヴァルハラ》《アテナ》《奇跡の光臨》等による特殊召喚が可能なので、無理に自身の効果での特殊召喚を狙う必要はない。
 光属性天使族なので《ジェルエンデュオ》にも対応しており、アドバンス召喚も行いやすい。

 (2)の効果は、(1)の効果特殊召喚した場合に付随する。
 墓地天使族モンスターを状況に応じて再利用できるため汎用性が高い。
 一方で、一時的に墓地天使族モンスターが3体になってしまうため、この際にバウンスされてしまうと次の特殊召喚までタイムラグが生じてしまう弱点にもなり得る。
 《オネスト》とは相性が良く、効果を使用すれば再び墓地モンスター数を4体にする事ができるため、再度このカード特殊召喚する条件を整えることができる。

 (3)の永続効果がメインであり、自身が表側表示で存在するだけで、全ての特殊召喚を封じる強力な効果である。
 特殊召喚を行わないデッキは少なく、特殊召喚を多用するデッキは完全に押さえ込まれ、機能しなくなる。
 同じく特殊召喚を禁止する《虚無の統括者》と違い、最上級モンスターにとって致命的な特殊召喚できないデメリットがなく、条件が整えば(1)の効果特殊召喚できる。
 《フォッシル・ダイナ パキケファロ》等と違い、高いステータスを持ち、戦闘では除去されにくい点も長所の一つである。

 相手特殊召喚効果チェーンして、《リビングデッドの呼び声》等でこのカード特殊召喚すれば、相手特殊召喚効果不発に終わる。
 《光神化》手札からの特殊召喚であるため奇襲性は高いが、自壊するデメリットがある。
 相手ターン発動するとほぼ確実に自壊し、ドローロックされることになるので、使い所は限られる。
 また、自分特殊召喚を封じられるので《地獄の暴走召喚》とのコンボができないのも気を付けたい。

 (4)のデッキトップに戻る効果は、次のドローでこのカードを活かせる態勢が整っているかどうかでメリットにもデメリットにもなる。
 再びドローしたこのカードを活かせる状況にないならば、現状打破のための新たなカードを引くことができず、デメリットとなる。
 (1)の効果《神の居城−ヴァルハラ》によって特殊召喚できる状況を作り、除去されても何回でも出し直せるようにしておきたい。
 また、《マインドクラッシュ》の的にされやすく、このカードよりも攻撃力の高いモンスター戦闘破壊された場合にジリ貧になりやすいことにも注意。
 なお、《光神テテュス》が存在すればデッキトップに戻ってもドローロックが発生せず、確実に手札を増やすことができる。
 墓地天使族が4体さえいれば、《アドバンスドロー》によるドロー加速も容易である。

  • Vジャンプ対戦動画内でオモシロ・ジョークがこのカードを「無慈悲な天使」と評しており、その効果を使いトス之助の【ドラグニティ】を終始圧倒していた。
  • 英語名が広く使われている男性名の「Christian(クリスティアン)」に則した綴りではなく、全く異なった「Kristya」という綴りになっている。
    これは「Christian」の由来が「クリスチャン(キリスト教徒)」のためであり、宗教上の理由で変更したのだろう。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「ドルベvsメラグvsベクター」戦でドルベが使用した通常魔法《ホーリー・レイジ》のイラストに描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:効果分類は何ですか?
A:自己特殊召喚は種別の無い効果(召喚ルール効果)です。(09/01/21)

Q:墓地天使族が4体以外のときに手札から《神の居城−ヴァルハラ》効果特殊召喚できますか?
A:できます。(09/01/21)

Q:墓地に「天使族が4体」「悪魔族が1体」のときに手札から自身の能力で特殊召喚できますか?
A:できます。(10/07/02)

(2)の効果について

Q:効果分類は何ですか?
A:回収は誘発効果です。(09/01/21)

Q:このカード特殊召喚時の(2)の効果チェーンをして《終焉の地》効果《アンデットワールド》発動され、対象に選択したモンスター天使族でなくなった場合、サルベージする効果適用されなくなりますか?
A:はい、適用されなくなりサルベージされません。(14/12/25)

(3)の効果について

Q:効果分類は何ですか?
A:特殊召喚封印は永続効果です。(09/01/21)

Q:このカードシンクロ素材としてシンクロ召喚を行うことはできますか?
A:いいえ。《大天使クリスティア》をシンクロ召喚を行う際のシンクロ素材とする事はできません。(09/02/03)

Q:このカードコストとして《ヴォルカニック・クイーン》や、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(10/11/27)

(4)の効果について

Q:効果分類は何ですか?
A:デッキに戻るのは種別の無い効果(ルール効果)です。(09/01/21)

Q:デッキの一番上に戻る効果は「一度墓地に送られてから発動する」「そもそも墓地には送られない」のどちらですか?
A:フィールドから直接デッキの一番上に送られます。(09/01/21)

Q:デッキの一番上に戻る効果はどこで発動する効果ですか?
A:この効果は種別の無い効果であり、「発動」の概念自体がありません。
  なお、チェーンブロックは発生しません。(09/01/21)

Q:装備カード状態のこのカード墓地へ送られる場合、デッキの一番上に戻る効果は処理しますか?
A:します。(09/01/21)

Q:装備カード状態でデッキの一番上に戻る効果適用される場合、この効果《スキルドレイン》または《マジック・キャンセラー》によって無効化されますか?
A:《マジック・キャンセラー》効果無効にできます。(14/04/16)

Q:《次元の裂け目》《マクロコスモス》適用中にこのカードフィールド上から墓地へ送られる場合(《次元の裂け目》などの効果除外される場合)でもデッキの一番上へ行きますか?
A:はい、デッキの一番上へ行きます。(09/03/02)

Q:裏側表示のこのカード裏側表示のまま墓地へ送られる場合、デッキに戻りますか?
A:いいえ、デッキに戻らずそのまま墓地へ送られます。(09/01/21)

Q:以下の場合、このカードデッキトップにもどりますか?

A:《大天使クリスティア》が、それぞれの効果によってゲームから除外されるため、デッキの一番上に戻る事はありません。

Q:以下の場合、このカードデッキに戻る効果無効になりますか?

A:はい、無効になり墓地へ送られます。

Q:《光帝クライス》の効果でこのカード破壊した場合、このカードデッキの一番上に戻る効果と、《光帝クライス》ドローする効果のどちらを先に処理しますか?
A:《光帝クライス》効果ドローする前に、このカードはただちにデッキの一番上に置かれます。
  したがって、このカード《光帝クライス》効果ドローする事になります。(16/10/08)


Tag: 《大天使クリスティア》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2800 守2300

広告