大天使(だいてんし)ゼラート/Archlord Zerato》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
このカードは通常召喚できない。
このカードは「天空の聖域」がフィールド上に存在し、
自分フィールド上に表側表示で存在する「ゼラの戦士」1体を
生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚できる。
光属性のモンスターカード1枚を手札から墓地に捨てる事で、
相手フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。
この効果は自分フィールド上に「天空の聖域」が存在しなければ適用できない。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 天空の聖域で登場した光属性天使族特殊召喚モンスター
 自分フィールド《天空の聖域》が存在する時、手札光属性モンスター《サンダー・ボルト》に変換する起動効果を持つ。

 召喚条件として特定のカードを必要とするが、このカード《ゼラの戦士》《天空の聖域》が存在すれば、そのターン特殊召喚できる。
 このカード《天空の聖域》は共に《天空神騎士ロードパーシアス》サーチできる他、後者は《天空の使者 ゼラディアス》《テラ・フォーミング》等でもサーチ可能。
 《ゼラの戦士》《魔装戦士 ドラゴディウス》《増援》《苦渋の決断》サーチ《召喚僧サモンプリースト》《レスキューラビット》《予想GUY》等でリクルートできる。

 モンスター効果光属性モンスター手札コストに、禁止カード《サンダー・ボルト》を撃つ効果
 全体除去に成功すれば、直接攻撃で大ダメージを与えることができる。
 しかし、手札消費が激しく、特殊召喚して効果発動する場合、4枚の手札を消費することになる。
 カード消費を考えるとモンスターを3体以上破壊できなければ割に合わない。
 手札コスト向きの墓地発動能力を持つ光属性モンスターも、その大半は《超電磁タートル》のような防御用能力なので、腐りにくい《Emダメージ・ジャグラー》あたりで後に繋げられれば御の字と思うべきだろう。
 また、そこまで相手が展開する場合表側表示であることが多く、《ライトニング・ボルテックス》でも十分対応できてしまう。

  • 「大天使(Archangels)」とは、天使の位階における下級三隊の第八階級ということである。
    全部で九つある天使の位階の中では、大天使は下から二番目ということになる。
  • 名前が「大」天使であり、英語でも「首位」という意味を持つ「Arch」が用いられているが、天使としての位階は低い。
    これは、九つの階級が「偽ディオニシウスの天上位階論」によって後の時代に唱えられた説であり、中世初期までは大天使が最高位だった事が原因である。
    実際、神に直接仕える最も偉大な四大天使であるミカエル、ラファエル、ガブリエル、ウリエルは全員が大天使である。

関連カード

―《大天使ゼラート》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果は、自分フィールド《天空の聖域》が存在しなくても発動できますか?
A:いいえ、できません。(18/04/16)


Tag: 《大天使ゼラート》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2800 守2300 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告