大欲(たいよく)(つぼ)/Pot of Acquisitiveness》

速攻魔法
「大欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体を対象として発動できる。
そのモンスター3体を持ち主のデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した速攻魔法
 除外されたモンスターデッキ戻すことでドローする効果を持つ。

 除外《貪欲な瓶》と言え、戻すモンスターは3枚で良い。
 デッキ戻すモンスター相手モンスター対象に含むことができ、相手の妨害も可能。
 ただ、相手除外を利用するかどうかは不確定である故に、腐る可能性のほうが高い。

 基本的に自分から除外されたモンスターを利用していく形となる。
 除外したモンスターの再利用手段としては《異次元からの埋葬》もあり、戻す先がデッキ墓地かで異なるため、デッキタイプに応じてどちらかを選んで採用することになる。

 このカードを採用する場合はデッキからのリクルートサーチでの再利用を狙う形となる。
 《D−HERO ディアボリックガイ》《闇・道化師のペーテン》辺りをデッキ戻して再利用する等できれば理想的である。
 【極星】でも、極神墓地から特殊召喚する為の効果コストとして除外されたチューナーデッキに戻すことが可能。
 ただし、こちらは《マスマティシャン》《おろかな埋葬》《手札抹殺》などとの兼ね合いが前提となるので注意も必要。

 また、副次的な利点として、相手除外を利用する戦術をとる場合、《PSYフレームロード・Ω》で繰り返し墓地に戻すようなモンスター相手に簡単に再利用させないという利点にもなる。
 他にも、相手カードのみが除外されていても、3枚存在するならば発動して手札交換が行える。

 《PSYフレームロード・Ω》にとっては補助にもメタにもなりうる。
 《PSYフレームロード・Ω》効果相手手札からうまくモンスター除外できれば、デッキ戻してドローもできる完全なハンデスになる。
 また、自身の効果除外された《PSYフレームロード・Ω》をこのカードエクストラデッキ戻せばスタンバイフェイズに戻ってくる事もない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《大欲な壺》 魔法 速攻魔法

広告