端末世界(ターミナルワールド)/Terminal World》

永続魔法
このカードはメインフェイズ1でのみ発動する事ができる。
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのメインフェイズ2をスキップする。

 STORM OF RAGNAROKで登場した永続魔法
 お互いメインフェイズ2スキップする効果を持つ。

 効果の性質上、お互いメインフェイズ1魔法・罠カードセットすることになる。
 《禁じられた聖槍》等の速攻魔法メインフェイズ1セットするか、バトルフェイズ中に使うために手札に残すか等、心理戦に持ち込める。
 ただし、アドバンテージ自体は得られないため、何の考えもなしに投入するのはオススメできない。

 やはりこのカードをメインに使うとすれば《タイム・イーター》と併用したロックが主となる。
 これが完成すれば相手モンスター召喚通常魔法発動罠カードセットが行えなくなるため、速攻魔法発動以外ほとんど何も出来なくなる。
 同様のコンボに使用される《地縛神 Chacu Challhua》と比較すると、こちらは永続魔法なので手札にあればロックが完成させやすいが、サーチ手段が乏しい。
 《地縛神 Chacu Challhua》最上級モンスターな上にフィールド魔法の維持が必要だが《テラ・フォーミング》《地縛神の復活》等のサポートカードが充実している。
 また、《地縛神 Chacu Challhua》バトルフェイズスキップすることで間接的にメインフェイズ2も防いでいるが、このカードメインフェイズ2自体をスキップしている。
 よってこのカードコンボする場合、相手バトルフェイズが行えるため、《タイム・イーター》戦闘破壊から守るカードが必要となるだろう。
 《サイクロン》のような速攻魔法ロックが崩されてしまうのはどちらにも共通している。

 《BF−蒼炎のシュラ》《ガスタの賢者 ウィンダール》などのように、バトルフェイズ特殊召喚してメインフェイズ2融合召喚シンクロ召喚エクシーズ召喚を行うことを狙ったカードに対して有効打を与えることもできる。
 また、《神禽王アレクトール》等で効果無効にすれば自分にだけメインフェイズ2に入ることができる。

  • 「端末世界」とは、DUEL TERMINALにおいて、十数弾にわたり物語が展開された世界の通称。
    書籍等では『DT』世界などと書かれることが多い。
    王宮等といった「デュエル世界(ワールド)」や、アニメ世界のモンスターが存在する世界とは違う世界であり、DUEL TERMINALで登場したカテゴリ達が住んでいる世界である。
    DUEL TERMINALの新弾稼働が終了した後も、シャドールテラナイトといった関連するカテゴリが登場し、ストーリーが続いている。
    ただし、一部のモンスターは世界を超えて様々なイラストに登場していることもある。
  • 海馬によれば、DUEL TERMINALは海馬コーポレーションの英知の結晶との事で、ペガサスもこの世界出身のカテゴリを使用する。
    また、《クリフォート・ツール》テキストにも世界がコンピューターで管理されているようなものが示されており、このイラストも筐体、つまりコンピューターが描かれている。
    それからすると、「端末世界」とはいわゆるオンラインゲームのような、電脳の仮想世界なのかもしれない。
    その為かは不明だが、《エクシーズ熱戦!!》等の「端末世界」のモンスターとそれ以外の世界のモンスターが両方描かれているカードには、電子的な背景が描かれている事が多い。

関連カード

イラスト関連

─この世界に関連するカテゴリ

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード《マジック・キャンセラー》が存在しこのカードの効果無効になっている状態でメインフェイズ2を行い、そのメインフェイズ2で《マジック・キャンセラー》フィールド上に表側表示でしなくなった場合、その時点でメインフェイズ2はスキップされエンドフェイズに移行しますか?
A:いいえ、既にメインフェイズ2となっている為、このターンスキップされません。(12/03/14)


Tag: 《端末世界》 魔法 永続魔法

広告