地底(ちてい)のアラクネー/Underground Arachnid》

シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/昆虫族/攻2400/守1200
闇属性チューナー+チューナー以外の昆虫族モンスター1体
このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動する事ができない。
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを
装備カード扱いとしてこのカードに1体のみ装備する事ができる。
このカードが戦闘によって破壊される場合、
代わりにこの効果で装備したモンスターを破壊する事ができる。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック12 付属カードで登場した地属性昆虫族シンクロモンスター
 攻撃時に魔法・罠カード発動させない永続効果と、相手モンスター吸収し、戦闘破壊の際に身代わりにする永続効果を持つ。

 表側表示ならば耐性でもない限りどんなモンスターでも奪えるので、実質的に除去効果を持っていると言える。
 破壊効果無効にできる《スターダスト・ドラゴン》を処理したり、厄介な自己再生能力を持つ《暗黒界の龍神 グラファ》墓地へ送ることを防ぎつつ除去できる。

 装備カードは1度に1枚しか維持できないが、自爆特攻により装備カードを外し、また装備できるようになる。
 このカード攻撃する時相手魔法・罠カード発動できないため、ほぼ確実に自爆特攻が可能である。
 ただし、1ターンに1度しか発動できず、装備したターン自爆特攻すると相手ターンには無防備になってしまう。

 除去効果が使いやすいことから、【昆虫族】の切り札として人気の高いカード
 その反面、昆虫族汎用性のあるカードに乏しく、またシンクロ素材縛りの厳しさによりシンクロ召喚しにくいことがネックになっている。

 【昆虫族】での使用を考えた場合、闇属性昆虫族チューナー《インフェルニティ・ビートル》のみであり、昆虫族以外の闇属性チューナーを採用していないとシンクロ召喚は難しい。
 【甲虫装機】なら《甲虫装機 ダンセル》リクルートしたモンスター《A・ジェネクス・バードマン》手札戻せば容易にシンクロ召喚でき、エクシーズ召喚も使い分けられる。
 《ジャイアントワーム》手札から特殊召喚し、《インフェルニティ・ビートル》召喚すれば1ターンシンクロ召喚につなげられる。
 それ以外に相性の良いチューナーとしては、レベル3〜5チューナーとして運用可能な《BF−弔風のデス》《ドラゴンフライ》から特殊召喚でき、属性を自在に変化させられる《音響戦士ドラムス》や、除外される効果を持つため《一族の結束》への干渉が少ない《ゾンビキャリア》などが挙げられる。
 特殊召喚が容易な《対峙するG》と、《調律》サーチ可能な《アンノウン・シンクロン》を使うという手もある。

 【ローレベル】では、《ジェネクス・コントローラー》《蜘蛛男》《ツンドラの大蠍》等でシンクロ召喚できる。
 《ジャンク・シンクロン》レベル2のモンスター蘇生させた後に《孵化》を使用し、《ジャンク・シンクロン》レベル3の昆虫族シンクロ召喚したり、《アクセル・シンクロン》を挟む事でレベル調整の幅を広くすることもできる。
 レベル1のモンスター《孵化》の代わりに使用し、《波動竜フォノン・ドラゴン》を経由させてシンクロ召喚するも良い。
 その他、【EM】ではレベル4の昆虫族EM《EMオッドアイズ・シンクロン》の組み合わせで出せることも有る。

  • 「アラクネー(Arachne)」とは、ギリシャ神話に登場する女性である。
    アテーナーとの諍いが原因で自殺するが、トリカブトの汁によって蜘蛛となって転生する。
    上半身が女性、下半身が蜘蛛になっているのはこれが由来となっているらしく、その影響か上記の特徴をベースにしたキャラクターが多くのファンタジー作品でも登場する。
  • 海外版は日本版イラストからバストが減少した修正イラストになっている。
    珍しい事に、アニメでも修正後デザインで登場している。
  • 「トワイナー(Twiner)」は「巻きつく物」の意味で、訳すれば「巻きつく糸」となる。

関連カード

相手モンスターを自身に装備カード扱いとして装備させることができるモンスターについては《サクリファイス》を参照。

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

ダークシンクロモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:魔法・罠カード妨害する効果永続効果装備カード化する効果起動効果装備カードを身代わりにする効果永続効果になります。(09/08/26)

Q:装備カード化は対象をとりますか?
A:はい、対象をとります。(09/08/26)

Q:装備カードにする効果効果解決時にこのカードフィールド上に表側表示で存在しない場合、発動時に選択されたモンスターはどうなりますか?
A:発動時に選択された相手モンスター装備カードにできず墓地へ送られます。(09/08/26)

Q:このカードの効果装備カードとして相手モンスターを装備しました。
  次の自分ターン、前のターンに装備したモンスター装備カードとして残っている場合でも、このカードの効果によりさらに相手モンスターを装備することは可能ですか?
A:《地底のアラクネー》自身の効果によって、装備カードとしてモンスターを装備している場合、更にモンスター装備カードとして装備する効果発動する事はできません。(09/08/29)

Q:装備カードにする効果の解決時にこのカードフィールドを離れた場合どうなりますか?
A:相手モンスター墓地へ送られます。(13/10/17)


Tag: 《地底のアラクネー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 昆虫族 攻2400 守1200

広告