調律師(ちょうりつし)陰謀(いんぼう)/Tuner's Scheme》

永続罠
相手フィールド上にシンクロモンスターが
特殊召喚された時に発動する事ができる。
そのシンクロモンスター1体のコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは破壊された場合ゲームから除外される。
そのモンスターがフィールド上に存在しなくなった時、このカードを破壊する。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した永続罠
 特殊召喚されたシンクロモンスターコントロール奪取する効果を持つ。

 範囲は狭いが、シンクロモンスター特殊召喚には確実にカードを消費する。
 それをコントロール奪取すれば、ほぼ確実にアドバンテージは得られる。

 発動条件が「シンクロモンスター特殊召喚された時」であるため、シンクロ召喚以外でも発動できるのもありがたい。
 蘇生や、《ギガンテック・ファイター》《魔轟神レヴュアタン》等の墓地発動する効果を封じられる。
 破壊ではないため、自己再生した《スターダスト・ドラゴン》も抵抗されることなく奪える。
 更に破壊された後は除外してしまうのも強み。

 しかし、その特殊召喚のタイミングで発動する誘発効果などは潰せず、除外効果バウンスなどには非対応である点にも十分な注意が必要となる。
 《ミスト・ウォーム》などのシンクロ召喚時の効果チェーンしても、このカード除去されてしまう。
 《魔のデッキ破壊ウイルス》などによるリリースなどが発生すると、ただでさえ少ない発動機会さえ失い腐ってしまうことになる。
 一方で、《ブラック・ローズ・ドラゴン》の全体破壊相手ならばそのまま除外できる。

 登場当時ならまだしもエクシーズモンスターが隆盛した現環境では、シンクロモンスターメタカードはあまり汎用性が高いとは言えない。
 基本的にサイドデッキ向けのカードだろう。
 《ギブ&テイク》などの、自分から能動的に利用する手段を用意してみるのもいいかもしれない。

  • アニメZEXALでは、すべての特殊召喚に対応している永続罠《ウラ霧》が登場している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:この効果対象をとる効果ですか?
A:はい、その特殊召喚したシンクロモンスター1体を対象にとります。(09/11/17)

Q:相手フィールド上にシンクロモンスターが複数同時に特殊召喚された場合でも発動できますか?
A:はい、その複数同時に特殊召喚されたシンクロモンスターの中から1体を選択して発動できます。(09/11/17)

Q:効果解決時にこのカードの発動時に選択したシンクロモンスター裏側表示になった場合にコントロールを得る効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(09/12/23)

Q:この効果で選択したシンクロモンスター対象にとり続けますか?
A:はい、対象をとり続けます。(09/11/17)

Q:コントロールを得ている時にこのカードがフィールドを離れた時、コントロールは戻りますか?
A:はい、このカードフィールドを離れるなどして対象をとり続ける関係がなくなれば戻ります。(09/11/17)

Q:コントロールを得ているシンクロモンスター《月の書》等で裏側表示にした後にこのカードフィールドを離れた時、コントロールは戻りますか?
A:いいえ、対象をとり続ける関係がなくなっていますので、コントロールは戻らず破壊された後に除外されることもありません。(09/12/02)

Q:このカードコントロールを得ているシンクロモンスター《洗脳−ブレインコントロール》等で相手フィールド上にコントロールが移り、相手フィールド上で破壊された場合でも除外されますか?
A:はい、除外されます。(09/12/02)


Tag: 《調律師の陰謀》 永続罠

広告