超伝導恐獣(スーパーコンダクターティラノ)/Super Conductor Tyranno》

効果モンスター
星8/光属性/恐竜族/攻3300/守1400
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
相手に1000ダメージを与える。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃宣言できない。 

 ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−で登場した光属性恐竜族最上級モンスター
 モンスターリリースする事で効果ダメージを与える起動効果と、それに付随して同ターン攻撃できなくなる誓約効果を持つ。

 デメリット効果を持たない通常召喚可能なモンスターの中では《壊星壊獣ジズキエル》《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》と並ぶ最高の攻撃力を持ち、その数値は《青眼の白龍》をも上回る3300。
 だが、その効果は自身の攻撃を放棄してバーンを行うものであり、攻撃力の高さとまったく噛み合っていない。
 《ジュラック・タイタン》などのように場持ちが良いわけでもなく、カード・アドバンテージに直結しないモンスターであるため、扱いにくさが目立つ。

 活用できるとすれば、《帝王の凍志》耐性を付与する場合か。
 《青眼の白龍》よりもサーチ手段が少ない代わり、攻撃力3000台の多くのモンスターや、《神樹の守護獣−牙王》戦闘破壊されずにすむ。
 《獣神機王バルバロスUr》には攻撃力で劣るが、《フォトン・サンクチュアリ》に対応する点で勝る。

  • 自身を射出することも可能。
  • 「超伝導」とは、マイナス200度前後の超低温において発生する、電気抵抗(電気の流れにくさ)がゼロになる現象のこと。
    この状態の物質内では電気を一切の損失なく流す事ができるため、未来の電気技術として研究が盛んである。
    電磁石の素材を超伝導体にすると極めて強力な磁力を発するという性質もあり、有名な所ではリニアモーターカーも超伝導電磁石で動いている。
  • アニメでの当初の効果は以下の様に推測される。
    このカードが攻撃する前に、このカードの攻撃力の約数を一つ宣言する。
    このターン、このカードは宣言した数だけ攻撃を行うことができる。
    この時の攻撃力は、このカードの攻撃力を宣言した数で割った値になる。
    このままでは、《心眼の鉾》と併用する事で1ターンキルが可能となる。(攻撃力を1にし、3300回攻撃を行う)

関連カード

恐獣(ティラノ)モンスター《暗黒恐獣》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:このカード自身をリリースすることは可能ですか?
A:可能です。


Tag: 《超伝導恐獣》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 恐竜族 攻3300 守1400

広告