超魔導騎士(ちょうまどうきし)−ブラック・キャバルリー》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2300
「ブラック・マジシャン」+戦士族モンスター
(1):このカードの攻撃力は、お互いのフィールド・墓地の魔法・罠カードの数×100アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):フィールドのカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 20th ANNIVERSARY DUELIST BOXで登場した闇属性魔法使い族融合モンスター
 互いの魔法・罠カードの数だけ自己強化する永続効果貫通永続効果フィールドのカード対象とするカードの効果手札コスト1枚で発動無効にして破壊する誘発即時効果を持つ。

 融合素材《ブラック・マジシャン》戦士族
 【ブラック・マジシャン】《終末の騎士》《E・HERO プリズマー》等を使用する場合は、融合召喚の手段さえあれば特殊召喚は難しくない。
 《ティマイオスの眼》での特殊召喚も可能で、《超融合》相手戦士族を利用するのも悪くない。
 《融合》サーチできる《E・HERO ブレイズマン》を使うのも手。

 (1)はフィールド墓地魔法・罠カードの数だけ自己強化する効果
 強化値こそ微々たるものだが、参照するのはお互いフィールド墓地魔法・罠カードと緩いため、中盤以降であれば攻撃力は大きく上がる。
 元々の攻撃力の高さもあり、3000以上の攻撃力には容易く到達するだろう。
 手札交換を行う魔法カードなどを多く使えば損失を減らしながら魔法カードをため込める。

 (2)は貫通効果であり、(1)の効果による自己強化とも合わせて高打点の貫通アタッカーとして機能する。
 リンクモンスターの台頭などにより、守備表示モンスターと遭遇する機会は減少傾向にあるが、あって困る効果ではない。

 (3)はフィールドのカード対象とする効果へのカウンター
 1ターンに1度の制約がないため、手札コストが足りる限り、対象をとる効果をシャットアウトする事ができる。
 自身への除去は勿論、《サイクロン》等による魔法・罠カードへの除去も防げるほか、相手相手フィールドのカード対象発動したサポートカードなども阻止できるため、汎用性は高い。
 手札コスト魔法・罠カードを使えば、(1)の効果による自己強化にも繋がるが、コストとして使いやすい魔法・罠カードは少ないため、無理に狙う必要はない。
 《マジシャンズ・ナビゲート》《スキル・プリズナー》辺りは組み込みやすく、手札コストにできれば2回分の働きが可能となる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《超魔導騎士−ブラック・キャバルリー》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 魔法使い族 攻2800 守2300

広告