超魔導剣士(ちょうまどうけんし)−ブラック・パラディン/Dark Paladin》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2900/守2400
「ブラック・マジシャン」+「バスター・ブレイダー」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードの攻撃力は、お互いのフィールド・墓地の
ドラゴン族モンスターの数×500アップする。
(2):魔法カードが発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、
その発動を無効にし破壊する。

 黒魔導の覇者で登場した闇属性魔法使い族融合モンスター
 融合素材《ブラック・マジシャン》《バスター・ブレイダー》
 魔法カード発動無効にする誘発即時効果墓地及びフィールドドラゴン族モンスターの数だけ攻撃力自己強化する永続効果を持つ。

 融合素材の2体はいずれもサポートカードに恵まれており、専用デッキも構築できる程サーチ特殊召喚手段が豊富である。
 とは言え、両者共にレベル7なので共有できなくもないが構築は難しく、基本的に両方を採用するのはこのカードに特化した構築か遊戯のファンデッキ構築などに限定される。
 《ティマイオスの眼》融合素材代用モンスターに対応しているので、どちらか片方のみに特化した構築でも採用できる。

 【ブラック・マジシャン】では魔法使い族サポートを共有でき、《永遠の魂》《E・HERO プリズマー》を使えば簡単にコストも捻出できる。
 場合によっては融合召喚要素をディスアドバンテージの小さい《ティマイオスの眼》に一任し、《融合》は採用しないという構築も考えられる。
 もちろん、《融合》を採用する場合も《沼地の魔神王》《融合準備》などの融合サポートをフル活用できる利点があるため、こちらの構築を取るのも悪くない。

 【バスター・ブレイダー】では《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》とも併用できる融合素材代用モンスターを利用して融合召喚を狙いたい。
 こちらのデッキでは速攻魔法《破壊剣士融合》融合召喚できるのでバトルフェイズの追撃に適しており、ドラゴン族も採用しやすいので(1)の効果を活かしやすい。
 《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》《DNA改造手術》種族変更が行いやすい点でも(1)の効果シナジーがある。

 手札事故の危険性はあるが、【凡骨融合】に搭載するのも面白い。
 《凡骨の意地》手札コストを確保しつつ、《凡骨の意地》《始祖竜ワイアーム》除去魔法カードから守ることができる。

 (1)の自己強化は対【ドラゴン族】では圧倒的な効力を発揮できるが、相手に依存してばかりでは不安定なので能動的に打点アップを狙いたい。
 自分フィールド墓地ドラゴン族も加算されるので、デッキドラゴン族をある程度採用しておけば攻撃力としては十分なものを得られる。
 《ティマイオスの眼》を併用できる《呪符竜》《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》ドラゴン族なので、【ブラック・マジシャン】メインデッキドラゴン族を投入しない場合でも多少の攻撃力アップは見込める。

 (2)の効果により除去魔法カードにも強く、無効にして破壊するためペンデュラムゾーン発動されたペンデュラムモンスターエクストラデッキに送らせない。
 1ターン発動回数制限は無いが、融合召喚手札を消費した上で更に手札コストを要するため乱発するのは難しいだろう。
 【ブラック・マジシャン】では《永遠の魂》《黒・魔・導》《千本ナイフ》サーチしておけば手札コストに転用できる。
 《永遠の魂》融合素材手札コストを確保し、《ハーピィの羽根帚》《サイクロン》から《永遠の魂》を守るという布陣が敷ければ理想的と言えよう。

  • 「パラディン(Paladin)」とは、かつてヨーロッパの多くの国で見られた、一定の高位にある騎士である。
    日本では「聖騎士」「聖堂騎士」「聖戦士」と訳される傾向にある。
  • 攻撃名の読みは原作及び文庫版では「ちょうまどうれっざん」だが、キャラクターガイドブック及びアニメでは「ちょうまどうれっざん」となっている。
  • 「バトルシティ編」の結末において、遊戯が城之内との決闘のためにデッキを組んでいた際、テーブルに置いてあったカードの一枚。
  • アニメ版の「vs海馬」戦に登場した時には、デュエルディスクのこのカードの枠が通常モンスターの色になっているシーンがある。

関連カード

融合素材

―魔導剣士

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《超魔導剣士−ブラック・パラディン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 魔法使い族 攻2900 守2400 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告