電子光虫(デジタル・バグ)−コクーンデンサ/Digital Bug Cocoondenser》

効果モンスター
星3/光属性/昆虫族/攻   0/守2000
このカードをX召喚の素材とする場合、昆虫族モンスターのX召喚にしか使用できない。
(1):1ターンに1度、このカードがフィールドに攻撃表示で存在する場合、
自分の墓地の昆虫族・レベル3モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを守備表示にし、対象のモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性昆虫族下級モンスター
 昆虫族モンスター以外のエクシーズ素材にできない効果外テキスト、自身を守備表示にすることで墓地から昆虫族レベルモンスター特殊召喚する起動効果エクシーズ素材としたエクシーズモンスター守備表示モンスター攻撃する時「効果発動を封じる」効果を与えるルール効果を持つ。

 (1)は自身を守備表示にし、昆虫族レベルモンスター蘇生させる効果。(2つの処理は同時扱い)
 同名カード蘇生できるが、守備表示での蘇生となるため、連続して蘇生を行うことはできない。
 チューナー蘇生すればレベル6のシンクロ召喚も狙えるが、同様の効果レベル3以下の昆虫族を同じく守備表示蘇生できる《B・F−早撃ちのアルバレスト》が存在する。
 効果の汎用性はあちらの方が高く、用途の面では蘇生先の選択肢が豊富なあちらに劣るため、レベルステータスで差別化したい。
 《共鳴虫》からリクルート可能であり、特殊召喚しても効果発動できる点は《B・F−早撃ちのアルバレスト》にはないメリット
 また、《光虫異変》などレベル3を指定するサポートカードの恩恵を受けることができる。

 とはいえ、自身の持つ制約により昆虫族以外のエクシーズモンスターエクシーズ召喚ができないため、やはり基本的には【電子光虫】での採用がメインとなる。
 エクシーズ素材になった時に効果を付与できるモンスター蘇生させ、共にエクシーズ素材として利用することになる。
 【電子光虫】ならばエクシーズ召喚を軸に置きつつ、運用の幅を広げる意味でレベル3の昆虫族チューナーを共に採用するという選択肢は十分考えられる。

 (2)は自身を素材としてエクシーズ召喚されたエクシーズモンスター守備表示モンスター攻撃する場合に相手カードの発動を封じる効果
 攻撃反応型の罠カードはもちろん、リクルーターサーチャーなどの発動も封じられる。
 ただし、《電子光虫−センチビット》《電子光虫−ウェブソルダー》効果に比べると見返りがやや薄く、基本的には(1)の効果目当てにして採用すると良いだろう。

  • カード名は電子回路部品のコンデンサと繭を意味するコクーンを掛けたものか。

関連カード

―《電子光虫−コクーンデンサ》の姿が見られるカード

このカード蘇生できるモンスター

チューナー

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《電子光虫−コクーンデンサ》 モンスター 効果モンスター 星3 光属性 昆虫族 攻0 守2000

広告