電子光虫(デジタル・バグ)−センチビット/Digital Bug Centibit》

効果モンスター
星3/光属性/昆虫族/攻1500/守 500
このカードをX召喚の素材とする場合、昆虫族モンスターのX召喚にしか使用できない。
(1):1ターンに1度、表側攻撃表示のこのカードが守備表示になった時に発動できる。
デッキから昆虫族・レベル3モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手フィールドの全ての守備表示モンスターに1回ずつ攻撃できる。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性昆虫族下級モンスター
 昆虫族モンスター以外のエクシーズ素材にできない効果外テキスト守備表示になった時にデッキから昆虫族レベルモンスター特殊召喚する誘発効果エクシーズ素材となった時に守備表示モンスター全体攻撃できる効果を与えるルール効果を持つ。

 (1)の効果はこのカード単体では発動にタイムラグがあり、低ステータスのこのカードを1ターン守る手段が必要となるため、基本的には他のカードとの併用が前提となるだろう。
 リクルート対象としては、エクシーズ素材となった時に効果を発揮する《バチバチバチ》《電子光虫−ウェブソルダー》との相性が良い。
 効果無効にすることもないので、甲虫装機リクルートすればその効果を利用して展開を狙うこともできる。

 この効果トリガーには以下のカードが併用しやすいか。

  1. 《電子光虫−ウェブソルダー》:両者の効果手札デッキからそれぞれモンスター特殊召喚できる。
  2. 《共鳴虫》等のリクルーター・各種蘇生カード相手ターン攻撃表示リクルート蘇生しておき、自分ターン守備表示に変更する。
  3. 《アースクエイク》:このカード相手モンスター全てを守備表示にでき、全体攻撃の補助になる。
  4. 《つまずき》リクルートは容易になり2体目以降のこのカードにも使えるが、代わりにエクシーズモンスター自身も守備表示になってしまう点に気を付けたい。
  5. 《アヌビスの呪い》効果トリガーとして発動でき、さらに(2)の全体攻撃の補助も行えるため相性が良い。
  6. 《機装天使エンジネル》:他のレベル昆虫族から出せるランク3であり、破壊耐性も付与可能。
  7. 《ヴァレルソード・ドラゴン》フリーチェーン発動できるのが利点。

 (2)の効果はこのカードを素材としてエクシーズ召喚したモンスターに、守備表示モンスターへの全体攻撃効果を与える効果
 《電子光虫−ウェブソルダー》と共にエクシーズ召喚の素材とすれば、相手モンスター守備力0にした上で全て守備表示にできるため、全体攻撃で一掃が狙える。
 《バチバチバチ》となら貫通ダメージ全体攻撃により大きなダメージを狙え、《アヌビスの呪い》守備力0にしておけば1ターンキルも狙える。
 このカードと上記2体の計3体で《電子光虫−スカラジエータ》を出せば相手モンスター1体につき1800の戦闘ダメージを与えられる。

  • カード名の由来はムカデを意味するセンチピード(Centipede)とデータ容量の単位のビット(bit)を掛けたものか。

関連カード

―《電子光虫−センチビット》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《電子光虫−センチビット》 モンスター 効果モンスター 星3 光属性 昆虫族 攻1500 守500

広告