電子光虫(デジタル・バグ)−ライノセバス/Digital Bug Rhinosebus》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/光属性/昆虫族/攻2600/守2200
昆虫族・光属性レベル7モンスター×2体以上
このカードは自分フィールドのランク5・6の昆虫族モンスターからX素材を2つ取り除き、
そのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールドの守備力が一番高いモンスターを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性昆虫族エクシーズモンスター
 ランク5・6昆虫族エクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキスト貫通ダメージを与える永続効果相手フィールド守備力が一番高いモンスター破壊する誘発即時効果を持つ。

 現在、昆虫族光属性レベルモンスターは1体も存在しない。
 《光虫異変》レベルを操作する、《電子光虫−コアベージ》《光虫信号》を使うなど、エクシーズ召喚には何かしらの手間がかかる。

 重ねてエクシーズ召喚する場合も、ほぼ全てのランク5・6エクシーズモンスターに重ねられる《迅雷の騎士ガイアドラグーン》が存在する。
 同じ攻撃力貫通効果を持つ上、こちらは重ねられるエクシーズモンスターが極僅かな上にエクシーズ素材を2つ取り除く必要もある。
 加えてエクシーズ素材縛りがないものは《甲虫装機 エクサビートル》しか存在しない等、汎用性で大きく劣っている。

 (2)の効果フリーチェーン《地砕き》に近い除去効果
 相手ターンでも発動できるため、モンスターの展開時を狙うことで相手の行動を妨害できる。
 ただし、《地砕き》と同じく狙いたいモンスターよりも守備力が高いモンスター相手フィールドに存在すると妨害できない弱点がある。

 この点は《電子光虫−ウェブソルダー》《アヌビスの呪い》効果守備力を0にした後に効果を使うことで、相手表側守備表示モンスターを全て破壊できる。
 しかしその場合も、このカードより召喚条件の緩い《No.21 氷結のレディ・ジャスティス》なら裏側守備表示まで含めて一掃できる。
 そして攻撃力が下がる点も、結局は《迅雷の騎士ガイアドラグーン》で補えてしまう。

 【電子光虫】でも《ストイック・チャレンジ》を使う場合、重ねてもエクシーズ素材が減らない《迅雷の騎士ガイアドラグーン》の方が与える戦闘ダメージは大きい。
 種族属性サポートを共有できる点、《光虫信号》バトルフェイズ中に追撃できるモンスターという点で差別化したい。

  • イラストは機械仕掛けのカブトムシのようなデザインである。
    この事から、カード名は英語でカブトムシを意味する「ライノセラスビートル(rhinoceros beetle)」と、コンピュータ用語の「バス(bus)」を組み合わせたものだろう。
    ただし、ライノセラスビートルは「サイのような角を持つ甲虫」という意味であり、ライノセラスだけでは「サイ」の意味となってしまう。

関連カード

―《電子光虫−ライノセバス》の姿が見られるカード

このカードを上に重ねられる昆虫族エクシーズモンスター

ランク

ランク

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《電子光虫−ライノセバス》 モンスター エクシーズモンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター ランク7 光属性 昆虫族 攻2600 守2200 エクストラデッキ

広告