督戦官(とくせんかん)コヴィントン/Commander Covington》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1000/守 600
自分フィールド上に表側表示で存在する
「マシンナーズ・ソルジャー」「マシンナーズ・スナイパー」
「マシンナーズ・ディフェンダー」をそれぞれ1体ずつ墓地へ送る事で、
手札またはデッキから「マシンナーズ・フォース」1体を特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 9で登場した地属性機械族下級モンスター
 ソルジャースナイパーディフェンダーフィールドから墓地へ送り《マシンナーズ・フォース》特殊召喚する起動効果を持つ。

 《マシンナーズ・フォース》特殊召喚に必要だが、【マシンナーズ】であっても《マシンナーズ・フォース》を正規で使うのは難しく、結果的にこのモンスター自体も採用の余地が少ない。
 《マシンナーズ・フォース》自身や指定されるマシンナーズと違ってこのカード《ファントム・オブ・カオス》効果のみを利用する用途でも必要とされないため、関連カードの中でも特に使い道に乏しいと言える。

 実用性は抜きにして《マシンナーズ・フォース》特殊召喚を狙うに際しては、このカードマシンナーズと名前が付かないためサポートを受けられないのが難点となる。
 《召喚僧サモンプリースト》《機甲部隊の最前線》などでリクルートする必要がある。
 《同胞の絆》を使うことで対象となるマシンナーズからリクルートできるため、守る手段があるなら使うのも手か。

  • 「コヴィントン(Covington)」とは、初代Celeron(コンピューター)のコードネームである。
    遊戯王Rに登場するカードプロフェッサーたちの名は、CPUの開発時コードネームから取られているという説があるので、このモンスターの名もそうである可能性が高い。
    《テュアラティン》
  • 第二次大戦時におけるソ連赤軍・中国国民党軍のそれが有名だが、昔の軍隊には「督戦隊(とくせんたい)」という部隊が存在する。
    自軍の後方で監視を行い、部隊が勝手に撤退を始めた場合攻撃を加え、戦闘の継続を強要する部隊である。
    カード名の「督戦官」はこれを元にした造語だろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2009では対戦相手として登場。
    デッキ名は「暴走機械戦団」。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果になり、コストとして墓地へ送ります。(09/12/17)

Q:エクシーズモンスターエクシーズ素材となっている《マシンナーズ・ソルジャー》《マシンナーズ・スナイパー》《マシンナーズ・ディフェンダー》墓地へ送り特殊召喚する効果を発動できますか?
A:エクシーズ素材フィールド上に存在するカードとして扱わないため、できません。(11/10/12)

Q:装備カードとなっている《マシンナーズ・ソルジャー》《マシンナーズ・スナイパー》《マシンナーズ・ディフェンダー》墓地へ送り特殊召喚する効果を発動できますか?
A:できません。(13/05/11)


Tag: 《督戦官コヴィントン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1000 守600

広告