八尺勾玉(ヤサカノマガタマ)/Orb of Yasaka》

装備魔法
スピリットモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のライフポイントを回復する。
装備モンスターが自分フィールド上から手札に戻る事によって
このカードが墓地へ送られた時、このカードを手札に戻す。

 THE DUELIST GENESISで登場した装備魔法
 スピリットのみ装備でき、装備モンスターモンスター戦闘破壊して墓地へ送った時にライフ回復する効果装備モンスターバウンスすることで自身が墓地へ送られた発動する自己サルベージ効果を持つ。

 全体攻撃可能な《阿修羅》とは相性がよく、膨大なライフ・アドバンテージを得られる可能性がある。
 特に相手フィールドリクルーターが存在する場合、ライフ・アドバンテージを与えるかリクルートを諦めるかの選択を強要できる。

 しかし、スピリット攻撃力は特別高くないため、十分なライフ回復ができるかと言うと微妙な所。
 《火之迦具土》《八俣大蛇》攻撃力は高いが、攻撃を確実に通すことが何よりも重要であり、伏せ除去貫通付与をできるカードの方が優先される。
 ライフ・アドバンテージを得るにしても、フィールドが空きがちな【スピリット】の特性を考えると、《魔法の筒》《ディメンション・ウォール》《ドレインシールド》を優先すべきだろう。

  • 「八尺勾玉」は「三種の神器」の一つで、「八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)」とも呼ばれる。
    日本神話では、天照大神(アマテラスオオミカミ)岩戸隠れの際に玉祖命(タマノオヤノミコト)が作り、八咫鏡とともに天布刀玉命(アメノフトダマノミコト)が捧げ持つ榊の木に掛けられた。
    後に天照大神の孫の瓊々杵尊(ニニギノミコト)に授けられたとされている。
    大きな勾玉とも、長い緒に繋いだ勾玉とも言われ、「日(陽)」を表す八咫鏡に対して「月(陰)」を表しているのではないかという説がある。

関連カード

―《八尺勾玉》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果チェーンブロックは作られますか?
A:どちらの効果もチェーンブロックを作ります。(13/09/05)


Tag: 《八尺勾玉》 魔法 装備魔法

広告