八俣大蛇(ヤマタノドラゴン)/Yamata Dragon》

スピリットモンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2600/守3100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
自分の手札が5枚になるまでデッキからカードをドローする。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した炎属性ドラゴン族最上級モンスター
 スピリット共通の召喚ルール効果誘発効果と、デッキからカードドローする誘発効果を持つ。

 最大で5枚という脅威のドローが可能になる効果を持つ。
 魔法・罠カードセットすれば手札は容易に減らせるため、《強欲な壺》並かそれ以上のドロー効率を期待できる。
 スピリット共通の効果により特殊召喚できないが、多少無理をしてアドバンス召喚しても、効果さえ発動できればアドバンテージの回復も難しくない。
 手札戻ろうが、ドローした分のカード召喚の条件を整えてやれば、毎ターン恐ろしい速度でデッキを掘り進められる。

 ただし相手への干渉能力を持たないため、《素早いモモンガ》《ジェスター・コンフィ》等を詰め込んでおけばいい、という話でもない。
 多くのエース級モンスターには攻撃力で遅れをとりやすいので、併用するカードはよく考慮する必要がある。

 併用するカードとしては、手札で余るモンスターよりも、事前にセットできる魔法・罠カードが有効。
 このカード効果を通しやすくするカウンター罠《人造天使》の組み合わせは非常に理想的だが、《人造天使》が引けない場合の手札事故が怖いので難しいところ。
 《火之迦具土》同様、《死皇帝の陵墓》等が重要となる。
 《帝王の烈旋》攻撃力の上回るモンスター除去できるため相性が良い。

 ドラゴン族であるため、《ミンゲイドラゴン》に対応する点も見逃せない。
 《テラ・フォーミング》《死皇帝の陵墓》と使い分けられる《竜の渓谷》を用いれば、墓地へ送る事はそう難しくない。
 この場合利用は必然的に【ドラゴン族】となるが、上記2種のフィールド魔法《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の展開にも利用できる。
 あちらで《ミンゲイドラゴン》蘇生させたり、ドローした《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》と、この手札戻る予定のこのカードを入れ替えてしまうといった動きも可能。
 《焔征竜−ブラスター》サーチに対応し、《七星の宝刀》を併用できるため、取り回しが容易。
 手札戻る分、《コアキメイル・ドラゴ》の維持コストに使える状況も僅かながら増える。

 下級モンスターを軸とした【スピリット】では手札が溜まりやすいので、効果を最大限に発揮できる使いどころは意外と少ない。
 フィールドががら空きになりがちなので、対策用の罠カードドローするぐらいか。

 手札を使用してリリースを調達でき、またこのカード手札にある場合はコストにできる等征竜との相性は良い。
 特にモンスター除去事故回避を行えるため《焔征竜−ブラスター》との相性は抜群。

 【クリフォート】《荒魂》とセットで入れれば、リリースされて発動したクリフォートモンスター達の効果で伏せやモンスターなどを削れるため、効果の発動が容易になる。

  • モチーフは記紀神話に登場する、身が1つで頭と尾が8つある大蛇「ヤマタノオロチ」。
    『日本書紀』では「八岐大蛇」、『古事記』では「八俣遠呂智」と書き、このカードの「八俣大蛇」は合成である。
    「やまた」とは「八つの山に跨ぐ」の意で、背に植物が生えるほどの巨体で村々を荒らしていた。
    天界から追放されたスサノオに酒を飲まされ、泥酔し眠った所を全ての頭と尾を切って退治される。
    最後の尾を切ろうとした時に、のちに「草薙剣」と呼ばれることになる、「天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)」が尾の中から出現したという。
    また、一説によるとスサノオとの戦いに敗れて逃げた後、そこで人間の娘との間に儲けた子供が、全てのの原型とされる酒呑童子だという。
  • このカード炎属性とするのは、八岐大蛇が火山による火砕流を神格化した怪物である、という説を元にしているのだろう。
    一般的に、八岐大蛇は主に洪水の化身などとして解釈されることが多く、炎属性として描かれるのは珍しいと言える。
    また一説には、八岐大蛇の赤い眼は、たたら場の炎をイメージしたものとも言われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズにはオリジナルのテキストが存在する。
    「八つの頭を持つ、凶暴な東洋のドラゴン お酒に弱い」と書かれている。
    お酒については、上記を参照。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時にドローを行うカード《仮面魔道士》を参照。

―《八俣大蛇》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告