氷結界(ひょうけっかい)(りゅう) トリシューラ/Trishula, Dragon of the Ice Barrier》

シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
相手の手札・フィールド上・墓地のカードを
それぞれ1枚までゲームから除外できる。

 DUEL TERMINAL −トリシューラの鼓動!!−で登場した水属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した時に相手手札フィールド墓地カードをそれぞれ1枚まで除外する任意発動誘発効果を持つ。

 シンクロ召喚に成功しただけで3枚のカード除外する強力な除去効果を持つ。
 アドバンテージの面から見ると、相手手札フィールドから除外する2枚でシンクロ召喚によるディスアドバンテージを回復できる。
 後述する《デブリ・ドラゴン》手札1枚から飛び出す場合もあり、その場合はアドバンテージを獲得していることとなる。
 この効果は「相手手札フィールド墓地カードそれぞれ1枚まで任意の枚数を除外できる」ということであり、柔軟性にも富む。
 また、除外するカードを決めるのは効果解決時、すなわち対象をとらない効果なので、対象をとる効果に対する耐性はもちろん、サクリファイス・エスケープで損失を回避することも難しい。

 3体以上のシンクロ素材を必要とするためシンクロ召喚には一工夫を要するが、シンクロ素材縛りはないため幅広いデッキに投入できる。
 同じシンクロ素材で出せるレベル9の《ミスト・ウォーム》フィールドへの影響力が大きいが、こちらは確実かつ大量のアドバンテージを狙いやすい。
 また、ドラゴン族であるため《デブリ・ドラゴン》からのシンクロ召喚も狙える利点もある。
 《デブリ・ドラゴン》効果レベル3のモンスター特殊召喚後、《ボルト・ヘッジホッグ》を自身の効果特殊召喚すれば、実質手札1枚からシンクロ召喚することができる。

 このカードの最大の強みであると同時に一番恐ろしいのは、チューナーが入っているあらゆるデッキからシンクロ召喚される可能性があること。
 「対象をとらない除外」という除去方法は大半の耐性をすり抜けるため、《オベリスクの巨神兵》等を始めとして「苦労して出してもこのカード除去されるかもしれない」という理由で評価を下げられるモンスターが後を絶たなかった。
 ただし、ある意味ではそういった強固な耐性を持つカードに対して、多くのデッキから使用できるメタカードと捉えることもできる。
 事実、このカード禁止カードとなった後、《安全地帯》《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》の組み合わせのように、破壊対象をとる効果では突破できない強固な耐性を利用したコンボが活躍することが多くなった。
 現在では制限復帰しているため、適当にシンクロ召喚するのみならずこれらのメタとしてタイミングを見計らって運用できるようプレイングを心がけていきたいところである。

  • 効果についての補足―
  • 2011年1月1日から全国の店舗にて、「特製クリアファイルプレゼントキャンペーン」と題し、このカードをパッケージにしたクリアファイルが配布された。
    裏面は新アニメ「遊☆戯☆王ZEXAL」の放送開始を告知するものになっている。
  • Vジャンプ対戦動画でも、登場以降12/03/01禁止カードになるまでほとんどの対戦動画で登場し活躍した。
    字幕では「安定のトリシューラ」や「マタオレノデバンカ」等と表現されていた。
  • 「トリシューラ(Trishula/Trisula)」とは、ヒンドゥー教の神であるシヴァが持つ先端が3つに分かれた槍の事である。
    シヴァ神はこの槍で3つの悪魔の都市、「金でできた都市」「銀でできた都市」「鉄でできた都市」を焼き尽くした。
    三つ首のイラストや、手札フィールド墓地の3ヶ所に及ぶ効果はこれに由来するのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの甚兵衛の回想シーンに登場。
    分厚いガラスケースに入れられたこのカードを見た甚兵衛が驚き、「最強のカード」と評していた。
    しかし、これを彼女からプレゼントされたミツルは「趣味じゃない」と放り投げていた。
    イリアステルによって見せられた「未来のネオ童実野シティ」の映像にこのカードが映っている。
  • また、第5期OPの冒頭部分でこのカードが登場している。
  • アニメZEXALの「遊馬vs凌牙」(4戦目)において凌牙が使用した速攻魔法深海雪原封印(マリンスノーシール)》のイラストに後姿が描かれている。
  • 魔轟神に対抗するため、氷結界たちは多大な犠牲を払いながらも、かの地に封印されし古の(ドラゴン)その最後の1体を目覚めさせてしまう!
    しかし永き刻を経て蘇った(トリシューラ) は、全てを破壊しつくさんと暴走するのだった…
    はたして、この世界に 再び平和が訪れることはあるのだろうか?彼らの戦いはまだ終わらない―
  • TAG FORCE 5では、イベント中の会話で「トリシューラ」という名前のプリンが登場する。
    売られている場所が「ターミナル・エイト」であり、このカードを意識しているのだろう。
    高人気、高価格、高カロリーと三拍子揃ったウルトラレアスイーツであるとの事である。
  • 遊戯王ONLINE DUEL ACCELERATORでは、このカードが登場する前のシーズン15の時点で既に制限カードに指定されていた。

関連カード

―《氷結界の龍 トリシューラ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?対象をとる効果ですか?
A:シンクロ召喚に成功した時に任意発動する誘発効果です。
  対象をとらず効果解決時手札フィールド上・墓地カードをそれぞれ指定し、複数のカードを同時に除外します。(10/01/19)

Q:相手フィールド上のカードのみを除外する場合、対象をとりますか?
A:このカードの効果は、対象をとる効果ではありません。
  また、効果発動時手札フィールド墓地、どの場所のカード除外するのかを宣言する事もありません。(10/01/20)

Q:相手手札フィールド上・墓地カードのいずれが存在しない場合、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/01/19)

Q:相手手札フィールド上・墓地カードが全て存在しない場合、効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/01/19)

Q:効果発動し、相手カードをどれも除外しないということはできますか?
A:いいえ、発動した場合は最低1枚を除外しなければなりません。(10/01/19)

Q:この効果チェーンされ、相手手札フィールド上・墓地カードが全て存在しなくなった場合、どうなりますか?
A:除外する効果不発になります。(11/08/31)

Q:この効果発動時と効果解決時フィールド上のカードが変動した場合、どうなりますか?
A:この効果でどこのカード除外するのか、どのカード除外するのかを決めるのは効果解決時です。
  よってその場合でも効果解決時カードが存在する場所のカードゲームから除外します
  上記のような手札フィールド上・墓地カードが全て存在しなくなった場合以外不発になるということはありません。(11/09/02)

Q:効果解決時に、自身が表側表示フィールド上に存在しない場合、効果不発となりますか?
A:《氷結界の龍 トリシューラ》の効果解決時に、効果発動した《氷結界の龍 トリシューラ》が表側表示で存在しない場合でも、相手手札フィールド上・墓地カードをそれぞれ1枚までゲームから除外します。(10/01/22)

Q:相手手札を選択する時は、手札確認して選択するのですか?
A:相手手札ランダムに選びます。(10/06/24)

Q:相手手札公開状態の場合でも、手札カードランダムに選択しますか?
A:相手手札公開状態の場合でも、一時的に手札非公開にしてシャッフルし、その後ランダム除外します。
  公開されたままの手札を見ながら、除外するカードを選択するという事はできません。(11/05/09)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》発動している場合や相手フィールド上に《霊滅術師 カイクウ》が存在する場合、このカードの効果はどうなりますか?
A:手札フィールドカード除外できますが、墓地カード除外できません。(10/01/20)

Q:このカードの効果《王家の眠る谷−ネクロバレー》《霊滅術師 カイクウ》墓地カードを選択した場合、墓地カード除外することはできますか?
A:いいえ、できません。(10/02/17)

広告