方界胤(ほうかいいん)ヴィジャム/Vijam the Cubic Seed》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。
モンスターゾーンのこのカードを永続魔法カード扱いとして
自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置き、
その相手モンスターに方界カウンターを1つ置く。
方界カウンターが置かれたモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
(3):このカードの効果でこのカードが永続魔法カード扱いになっている場合、
自分メインフェイズに発動できる。
魔法&罠ゾーンのこのカードを特殊召喚する。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 戦闘破壊されない永続効果永続魔法扱いになり方界カウンター置く誘発効果魔法&罠ゾーンから特殊召喚する効果を持つ。

 方界モンスターのうち、「方界帝」と「方界獣」を上位種へと進化させるギミックに必要なモンスター
 「方界帝」と「方界獣」は、自身のレベル−1体の方界モンスター墓地へ送る事で特殊召喚される。
 「方界帝」は戦闘を行う、「方界獣」はモンスター戦闘破壊する事で、自身のレベルと同数の《方界胤ヴィジャム》を蘇生しつつ、上位種サーチできる。
 そして次のターン蘇生した《方界胤ヴィジャム》を墓地へ送る事で上位種特殊召喚する、というのが「方界帝」「方界獣」の進化ギミックである。
 最終形態である《方界超帝インディオラ・デス・ボルト》《方界超獣バスター・ガンダイル》まで進化させるには、フィールド墓地に合計3体のこのカードが必要になる。
 《流星方界器デューザ》や、専用サポートカード《方界業》を用いて、すみやかに墓地に送っておきたい。

 (1)の効果戦闘破壊耐性であり、としての性能は高い。
 上記の進化ギミックを用いる場合、相手ターンはこのカードとして凌ぎ、自分ターン方界モンスターを展開して攻撃、というパターンが基本となる。
 ただし守備力0のため貫通効果持ちに弱く、特に通常の2倍の貫通ダメージを与える《メタルフォーゼ・オリハルク》《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》は天敵となり得る。

 (2)は戦闘を行った自身を永続魔法化しつつ、相手モンスター方界カウンター置く効果
 方界カウンター置かれたモンスター攻撃できず、効果無効化されるため、ほぼ無力化することができる。
 このカード表側表示の状態で攻撃されることは滅多にないため、基本的にセットされたこのカード攻撃された時発動することになる。
 (1)の効果によって戦闘破壊されないため、反射ダメージ覚悟で自爆特攻して厄介なモンスター効果を封じる用途にも使える。
 攻撃表示にされたこのモンスターサンドバッグにされる事を防ぐためにフィールドから離すという用途もある。
 また任意効果であるため、が必要な時は発動しないという選択肢もあり得る。

 (3)の効果は(2)と連動しており、(2)の効果永続魔法化した自身を魔法&罠ゾーンから特殊召喚できる。
 これにより再度となったり、別のモンスター自爆特攻して方界カウンターで無力化することも狙える。
 上記の通りこのカードは3枚フィールドまたは墓地に揃うことで真価を発揮するため、特殊召喚時に《地獄の暴走召喚》デッキから展開するのも良いだろう。
 変わった所では、《苦紋様の土像》を組み合わせて自爆特攻と併せて複数回の除去を狙うのも面白い。

  • 「胤(訓読みでは『たね』)」は、「血統を継ぐ者」を指す。
  • 高橋和希氏が映画のためにデザインしたモンスターであり、Vジャンプ2016年2月号でデザイン画が公開されている。
    また、方界モンスターは全て《方界胤ヴィジャム》が体のどこかに組み込まれたデザインとなっている。
  • 他の「方界モンスターがヒンドゥー教に関する語を捩っている事から考えると、カード名はヒンドゥー教の神「ヴィシュヌ」がモチーフと思われる。
    ヴィシュヌ派の創世神話によると、宇宙ができる前にヴィシュヌは竜王アナンタの上に横になっていた。
    そして、ヴィシュヌのへそから蓮の花が伸びた先に創造神ブラフマーが生まれ、ブラフマーの額から破壊神シヴァが生まれたとされている。
  • 他、ヒンドゥー教の礼拝用言語であるサンスクリット語における「勝利」を意味する「Vijaya」や、《ウィジャ盤》なども掛け合わせている可能性がある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《方界胤ヴィジャム》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻0 守0 方界

広告