方界輪廻(ほうかいりんね)/Cubic Rebirth》

通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に、その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
相手はその同名モンスターを可能な限り自身の手札・デッキ・墓地から攻撃表示で特殊召喚する。
対象のモンスター及びこの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は0になり、
それらのモンスターに方界カウンターを1つずつ置く。
方界カウンターが置かれたモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
さらに、自分の手札からレベル4以下の「方界」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した通常罠
 直接攻撃してきたモンスターを可能な限りフィールドに出して方界カウンターを置き、手札から方界特殊召喚する効果を持つ。

 相手モンスター直接攻撃トリガーとし、相手にその同名カードを可能な手札デッキ墓地から攻撃表示特殊召喚させる。
 大量展開を許す可能性があるが、攻撃モンスター及びこの効果特殊召喚したモンスター攻撃力は0になり、方界カウンター置かれることで攻撃を封じ、効果無効化できる。
 さらに、手札からレベル4以下の方界モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
 ただし、この効果特殊召喚できる方界モンスターの中で、返しのターンで単体で戦闘破壊を狙えるのは《流星方界器デューザ》のみである。
 全体強化を併用すれば《方界獣ダーク・ガネックス》などで戦闘破壊可能になり、そのまま効果発動可能。

 もっとも、同名カードの大量展開であるため、メインフェイズ2にエクシーズ召喚される可能性が高い。
 エクシーズ召喚でないにしてもシンクロ素材リリースなど各種コストに使われることは十分に考えられる。
 よって、制限カードエクストラデッキに入るモンスターをはじめとする特殊召喚モンスターに対して使えば、同名カードの展開及び後続の素材に転用されるリスクを減らす事ができる。
 しかし、そうした相手の切り札の特殊召喚を許してしまうと、直接攻撃に至るまでの間にこのカードが先に除去を受けてしまう危険性が高くなってしまう。
 昨今のカードプールでは対象に取れない耐性を持つモンスターも多く、そうした場合では発動条件を満たせない点も評価を下げている。

 上記の通り、この効果特殊召喚した方界特殊召喚モンスター攻撃力は0のままとなる。
 故に攻撃力が0になった相手モンスター自爆特攻してもどちらも戦闘破壊されず、各々が持つ後続を展開する効果発動できない。
 《方界帝ゲイラ・ガイル》《方界帝ヴァルカン・ドラグニー》戦闘を行うことが条件なので、例外的に相性はいい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手がモンスター特殊召喚できない場合、方界カウンターを置く処理と自分が特殊召喚を行う処理を行いますか?
A:はい、その場合でも方界カウンターを置く処理と自分が特殊召喚を行う処理を行います。(16/04/23)

Q:対象となったモンスター《月の書》によって裏側表示となった場合、自分が特殊召喚を行う処理を行いますか?
A:いいえ、行いません。(16/04/23)

Q:対象となった《PSYフレームロード・Ω》が自身の効果によってフィールドを離れた場合、自分が特殊召喚を行う処理を行いますか?
A:いいえ、行いません。(16/04/23)

Q:対象となった《神竜騎士フェルグラント》が自身の効果によって効果を受けない状態となった場合、自分が特殊召喚を行う処理を行いますか?
A:いいえ、行いません。(16/04/23)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する状況でこのカード発動し、効果処理時に相手墓地にしか、残りの同名カードが存在しない場合どうなりますか?
A:同名カード特殊召喚の処理は行いません。
  なお、その場合でもフィールド対象モンスター攻撃力は0になり方界カウンターが1つ乗り、手札からレベル4以下の方界1体を召喚条件を無視して特殊召喚できます。(16/10/06)


Tag: 《方界輪廻》 通常罠 方界

広告