魔知(まち)ガエル/Dupe Frog》

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 100/守2000
このカードのカード名は、フィールド上に表側表示で存在する限り「デスガエル」として扱う。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分のデッキ・墓地から「魔知ガエル」以外の
「ガエル」と名のついたモンスター1体を選んで手札に加える事ができる。 

 CRIMSON CRISISで登場した水属性水族下級モンスター
 ガエルの1体であり、自身を《デスガエル》として扱う永続効果攻撃対象を制限する永続効果フィールド上から墓地へ送られた時にガエルサーチサルベージする誘発効果を持つ。

 低レベル・低攻撃力のため、《浮上》等の蘇生に対応する。
 そこから《地獄の暴走召喚》に繋げることができれば《デスガエル》を3体フィールドに並べることができ、《死の合唱》発動条件を満たすことができる。
 《ジャンク・シンクロン》からの蘇生も可能だが、その場合《デスガエル》として扱われなくなるため特殊召喚できるのは《魔知ガエル》となる。
 なお、《地獄の暴走召喚》特殊召喚された《魔知ガエル》は《デスガエル》となる。

 守備力が高く攻撃対象制限効果を持っているためステータスの低いガエル戦闘から守ることができる。
 もっとも、ガエルフィールドに維持する必要のあるモンスターが少なく、またエクシーズモンスター等の攻撃は防ぎきれない。
 このカードを2体並べれば相手攻撃ロックできるため、上述の特殊召喚手段を用いて狙うと良い。

 サーチサルベージ効果墓地へ送られる手段を問わないため、アドバンテージを失わず優秀。
 本物の《デスガエル》サーチしたり、《黄泉ガエル》サーチして別のカード手札コストを賄わせたりできる。
 しかし、同名カードサーチサルベージできない点が辛いところである。
 また、任意効果なので墓地へ送られた後に何らかの処理を挟むとタイミングを逃す点も痛い。
 攻撃対象制限効果と合わせて一時的なとして利用し、突破されたら別のガエルで切り返していきたい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

カード名《デスガエル》として扱う永続効果について

Q:《スキルドレイン》が存在する場合、表側表示のこのカードカード名はどうなりますか?
A:《魔知ガエル》として扱います。(09/03/15)

Q:《シー・アーチャー》効果によって装備されたこのカードは、《デスガエル》として扱いますか?
A:いいえ、扱いません。(09/09/26)

フィールド上から墓地へ送られた時にガエルサーチサルベージする誘発効果について

Q:デッキからか墓地からかを選ぶのは効果解決時ですか?
A:はい、そうです。(10/08/30)

Q:ダメージステップ中に誘発効果発動できますか?
A:はい、できます。(10/09/11)

Q:このカードを装備した《シー・アーチャー》破壊されるとき、このカードを身代わりに破壊しました。
  この場合、誘発効果発動できますか?
A:はい、できます。(09/09/26)

Q:チェーン2以降で上記の状況になった場合、誘発効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(→タイミングを逃す)(09/09/26)

広告