魔導原典(まどうげんてん) クロウリー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】
魔法使い族モンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「魔導書」カード3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上の魔法使い族モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。

 LINK VRAINS PACKで登場する闇属性魔法使い族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に魔導書3種類から1枚をサーチする効果魔法使い族リリースを軽減する効果を持つ。

 魔法使い族であれば《ジェスター・コンフィ》《Emトリック・クラウン》などをはじめ、特殊召喚しやすいものが多く、リンク召喚は容易。
 (1)の効果を使うなら、複数の魔導書を採用する【魔導書】での使用となる。

 (1)は魔導書3種の中からランダムに1枚をサーチする効果
 《魔導書庫クレッセン》と同様、《グリモの魔導書》を3枚の中に含めれば狙ったカードサーチできる確率は上がる。
 あちらと異なりデメリットもない。

 (2)はレベル5以上の魔法使い族リリースをなくす効果
 このカードリンク召喚した時点で既に召喚権を使っている場合が多く、活用するのは難しい。
 魔法使い族には特殊召喚サポートカードが多いため、それらで特殊召喚したほうが良いのが現状。
 ちなみに、通常召喚できるレベル5以上の魔法使い族召喚制限を持つのは、現在《氷の女王》のみ。

  • 魔導」の名と魔導書に関する効果を持ち、イラストのガラス管にも魔導共通の装飾が見られる。
    このことから、タロットカードをモチーフとする魔導シリーズとも何らかの関係があると思われる。
    ちなみに、上記のアレイスター・クロウリーは「トート・タロット」というタロットをデザインしている。

関連カード

―(1)の類似効果

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魔導原典 クロウリー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 魔法使い族 攻1000

広告