魔封(まふう)じの芳香(ほうこう)/Anti-Spell Fragrance》

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、
セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。 

 遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記 付属カードで登場した永続罠
 自分相手ともに魔法カード使用を制限する効果を持つ。

 魔法カード発動を1ターン遅らせる、ルール介入型の効果を持つ。
 引いてすぐ使える即効性が魔法カードの特長であるだけに、それを潰すこのカードの影響力は大きい。
 デュエルが高速化するほどに影響力が増すカードで、今日では先攻がこのカードを伏せ、後攻の行動をこのカードで封じ、3ターン目に勝負を決めてしまうという場面も少なくない。
 また、相手が伏せた魔法カードセット中に破壊すれば、発動する機会を与えずに除去する事が可能。
 毎ターン伏せ除去ができるモンスターと併用するなどして、相手が伏せたカードを全て除去してしまえば、相手魔法カードを一切使用する事ができなくなる。
 《サイクロン》《ハーピィの羽根帚》も1ターン待たなければ発動できないため、このカード自身も除去されにくい。

 通常の魔法カードに対しても効果てきめんだが、それ以上に刺さるのがペンデュラム召喚である。
 ペンデュラムモンスターペンデュラムゾーン裏側表示セットする事ができないため、通常の魔法カードと異なり「1ターン伏せておいて発動する」事ができない。
 このカードが存在している限りペンデュラムゾーンカードを置く事はできず、先攻でこのカードを出してしまえばペンデュラム召喚を完封する事ができる。
 ペンデュラム召喚の登場以降、メタとしてサイドデッキに搭載される事が多くなっている。

 欠点としては、自分魔法カードを一度セットしなければ発動できなくなる点が挙げられる。
 《王宮の勅命》と同様、自分魔法カードを使えるだけ使った後でこのカードを伏せ、次の相手ターン発動させれば、影響は最小限に抑えられる。
 このカードに限ったことではないが、一時的に無効にしたり、バウンスしたりするカードと併用すれば相手のみを一方的に拘束することも可能である。
 永続罠リリースしてアドバンス召喚できる真竜や、永続罠墓地へ送る事で特殊召喚する《神炎皇ウリア》等との相性も良い。

  • 原作・アニメにおいて─
    アニメGXの「十代vs明日香」(2戦目)でこのカード効果相手のみに限定した効果を持つモンスター《雪の妖精》を明日香が使用した。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:速攻魔法はどうなりますか?
A:速攻魔法手札から発動することはできなくなり、一度セットして、次の自分ターンから発動できるようになります。(12/07/20)

Q:《おジャマジック》効果発動しますか?
A:発動します。(09/08/20)

Q:《魔封じの芳香》適用下で《ポルターガイスト》手札から発動できますか?
A:手札からの発動はできません。

Q:《魔封じの芳香》の効果《神禽王アレクトール》効果によって無効にしたターン《サイクロン》等の速攻魔法セットした場合、次の相手ターンにその速攻魔法発動できますか?
A:発動できます。(10/11/11)


Tag: 《魔封じの芳香》 永続罠

広告