万華鏡(まんげきょう)華麗(かれい)なる分身(ぶんしん)−/Elegant Egotist》

通常魔法
(1):フィールドに「ハーピィ・レディ」が存在する場合に発動できる。
手札・デッキから「ハーピィ・レディ」または
「ハーピィ・レディ三姉妹」1体を特殊召喚する。

 Vol.4で登場した通常魔法
 《ハーピィ・レディ》フィールドに存在する時、手札デッキから同名カード、あるいは《ハーピィ・レディ三姉妹》特殊召喚する。

 コストがなく発動条件も緩い上、エクシーズ召喚との相性が非常に良い優秀なカード
 《ハーピィの狩場》《ゴッドバードアタック》のサポートとしても使いやすい上、専用サーチ手段の《ヒステリック・サイン》まで有している。

 ただし、特殊召喚対象手札デッキに残っていなければ発動できず、後述の通り特殊召喚対象となる《ハーピィ・レディ》は3枚しか積めない
 《ハーピィ・レディ三姉妹》特殊召喚することもできるが、《ハーピィ・レディ三姉妹》は他のハーピィと連携が取りづらい上に単体の性能も高くなく、採用しづらい。
 そのため、このカードを複数枚積む腐る可能性も出てくるので、投入枚数は適切に判断したい。
 《ヒステリック・サイン》はこのカードサルベージも可能なので、あちらを3枚、こちらを1枚だけ投入するのが安定する。

  • 原作では元の《ハーピィ・レディ》を含めて3体に分身するのだが、OCGでは見かけでは2体、もしくは4体になってしまう。
    初期のカードゆえの妙なズレといったところか。
  • アニメオリジナルのバトルシティ編のマグナムとのデュエルでも舞が使用する。
    しかし『使用したターンは攻撃できない効果』は消滅しており、使用したターンに効果で3体にした《ハーピィ・レディ・SB》で攻撃して
    マグナムの《忍者コマンダー・イクサ》・《忍者コマンダー・カブキ》・《くノ一ソルジャー・アヤメ》を戦闘破壊した。
  • アニメGXでは、異世界で実体化している《ハーピィ・レディ》が自身に対して発動。
    この時は新たに特殊召喚するのではなく、自らを《ハーピィ・レディ三姉妹》へと変化させた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果処理のタイミングで《ハーピィ・レディ》フィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、どうなりますか?
A:その場合でも特殊召喚する効果適用されます。(11/05/15)


Tag: 《万華鏡−華麗なる分身−》 魔法 通常魔法

広告