迷犬(めいけん)マロン/Outstanding Dog Marron》

効果モンスター
星1/光属性/獣族/攻 100/守 100
このカードが墓地へ送られた時、このカードをデッキに加えてシャッフルする。

 闇魔界の脅威で登場した光属性獣族下級モンスター
 墓地へ送られた時に自身をデッキ戻す誘発効果を持つ。

 デッキ切れを防げるカードの1枚。
 【デッキ破壊1キル】【ライトロード】などに入れておけば、デッキ切れによる敗北を1ターン伸ばせる。
 ただ、デッキ切れで敗北を免れる以外の用途が何もなく、手札に来ると使い途が乏しい。
 デッキ切れを恐れてこのカードを投入するより、デッキ切れを起こす前に勝負を付けることを優先すべきである。
 同様の用途なら他の効果も持ち合わせる《超量士ブルーレイヤー》でも可能である。
 一応、デッキ獣族が必ず3体以上必要になる《魔獣の懐柔》を複数枚採用した場合、その発動条件が満たせなくなることを防げる。
 エクシーズ素材から墓地へ送られた場合も有効。

  • イラストには「M」という名札をつけたプードルが描かれており、これが「マロン」である。
    マスターガイドによると、お金持ちの家で飼われ甘やかされて育ったためわがままな性格になり、やがて家を飛び出したとの事。
    その後世間の厳しさを知り狂犬と化すが、探し回っていたご主人と再会する。
    しかし、程なくして重い病気を患ったご主人は「すぐに戻るから待っててね」との言葉を残して去り、とうとうマロンの元に帰ってくる事はなかった。
    マロンは彼の言葉を信じ、骨になっても待ち続けている……。
    また、何者か改造されたりもしている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、早乙女レイのデッキに投入されていることが確認できる。
    第35話ではアカデミアの古井戸に捨てられており、おジャマ達と共に万丈目に引き取られた。
  • コナミのゲーム作品においてー
    「遊戯王 めざせ!デュエルキング!」では、明日香がこのカードを「アイドルカード」としてデッキに入れている。

関連カード

―迷犬マロンシリーズ

―《迷犬マロン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《迷犬マロン》はどんな場合も墓地へ送られた時にデッキに戻りますか?
A:《迷犬マロン》は、手札デッキフィールドから、墓地へ送られれば、効果は必ず発動します。
したがって、墓地へ送られても効果墓地発動します。(15/03/19)


Tag: 《迷犬マロン》 モンスター 効果モンスター 星1 光属性 獣族 攻100 守100

広告