妖精騎士(ようせいきし)イングナル/Fairy Knight Ingunar》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/地属性/植物族/攻2200/守3000
レベル6モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールド上のカードを全て持ち主の手札に戻す。
この効果の発動に対して相手は魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した地属性植物族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材2枚を取り除き、フィールドのカードを全てバウンスする起動効果を持つ。

 レベル6のモンスターを3体必要とするかなり重いエクシーズモンスターであるが、【聖刻】【陽炎獣】ならば比較的エクシーズ召喚しやすい。
 特に後者は《真炎の爆発》を扱えるため、このカードエクシーズ召喚はもちろん、バウンス後の追撃も不可能ではない。
 他にも《地獄の暴走召喚》を使う、《マックス・テレポーター》《調星師ライズベルト》2体を特殊召喚など、一度に揃える方法はいくつか存在する。
 聖刻モンスターリリースして《妖仙獣 凶旋嵐》アドバンス召喚し、リクルートした《妖仙獣 閻魔巳裂》レベル6のドラゴン族通常モンスターとで出す手もあり、この場合闇属性ドラゴン族を採用すれば《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と使い分けられる。
 また、正規のエクシーズ召喚は狙わず《フレシアの蟲惑魔》《妖精王 アルヴェルド》《RUM−アストラル・フォース》ランクアップさせて出す手もある。
 特に《フレシアの蟲惑魔》縛りがない上、汎用性の高い効果を持つため、無理なく採用しやすい。

 フィールドのカードを全てバウンスする効果相手チェーンされず、破壊されない対象にとれないカード除去できる。
 しかし自分カードも全てバウンスし、このカードしか残らないため、特殊召喚効果を持つフィールド魔法を使いまわす等しなければ大ダメージは狙いにくい。
 また、攻撃反応系などの罠カードバウンスしてもまた伏せられてしまうため、このカードを使うならそのターンで押し切れる時に出したい。
 伏せカードにも対処できるとは言っても、伏せカードが多い場合はこのカードの効果が使えない場合も多い。
 効果の発動にはチェーンされないが、フリーチェーン召喚誘発《エフェクト・ヴェーラー》などがあれば効果を使う前に無力化されてしまう。
 守備力はともかく攻撃力が高くないため一掃後の直接攻撃に適さないのも難だが、この点は《迅雷の騎士ガイアドラグーン》で補える。
 3体を素材とするが一度に2つ消費するため、事実上一度切りの効果であり、《鬼神の連撃》などの使用には都合が良いが《エクシーズ・リボーン》などからの発動ができないのも難点。

 ランク6でのモンスター除去なら素材2体でもモンスター2体に対処できる《ガントレット・シューター》などが存在する。
 《フレシアの蟲惑魔》からランクアップされる場合も、RUMが必要なく、対象をとらない除去なら扱いやすい《励輝士 ヴェルズビュート》などが存在するため、このカードを優先するメリットはさほど大きくない。
 投入するならランク6軸の除去の一つとして、または前述の《フレシアの蟲惑魔》との兼ね合いを上手く利用したい。

  • 名前の由来は、北欧神話の神「フレイ」の呼び名の一つ「イングナル・フレイ(Ingunar-Freyr)」だろうか。
    フレイヤの双子の兄であり、妖精国アールヴヘイムの支配者とされている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《妖精騎士イングナル》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク6 地属性 植物族 攻2200 守3000

広告