妖精伝姫(フェアリーテイル)−カグヤ》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
相手はそのモンスターの同名カード1枚を
自身のデッキ・エクストラデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。
墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 マキシマム・クライシスで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 召喚に成功した時に攻撃力1850の魔法使い族サーチする誘発効果、自身と相手モンスターバウンスする誘発即時効果を持つ。

 (1)の効果サーチ
 範囲は非常に狭いが、同名カードサーチできるのは強みである。
 《サモンチェーン》とは相性がよく、サーチ効果に何らかのカードの効果チェーンすることで《サモンチェーン》発動できる。
 または何らかの効果チェーンして後述の(2)の効果発動することでも可能となる。
 これによりサーチした同名カード召喚して2体(バウンスしなかった場合は3体)を並べることが可能となる。

 (2)の効果は、フリーチェーンバウンス
 何らかの効果チェーン発動も可能であり、このモンスター自身もバウンスされるのでサクリファイス・エスケープとしても使え、繰り返し使用可能。
 ただし、「相手同名カード墓地へ送ることで無効化できる」という大きなデメリットが付与されている。
 デッキ同名カードが存在しないことが明確な制限カードトークンに対しては確実にバウンス可能。
 3積みモンスターでない場合は自分ターン相手ターンと連続で同じモンスター効果を使えばバウンスでき、3積みであっても、同じことをすれば2体目のこのカードで確実に手札へ戻せる。
 エクストラデッキモンスターピン挿しの場合も多いため、狙い目となる。
 デッキから同名カードサーチリクルートする効果を持つモンスターに対して使えば、例え無効になったとしても効果の影響を少なくできる。
 また、《マクロコスモス》などと併用すれば、相手墓地へ送ることが出来なくなるため、確実にバウンス可能になるコンボとなる。
 相手デッキ情報アドバンテージを得た上で相手が採用していないであろうモンスター送りつければ、高い確率でバウンスを成功させ、送りつけモンスターの再利用を狙う事もできるだろう。
 特に壊獣《サタンクロース》を用いれば、戦闘を介さない《N・グラン・モール》のように扱える。

  • モチーフは「竹取物語」のかぐや姫。
    (2)の効果は、「指定した宝物を持ってくることができたならば結婚する」と、わざと難題を出すことで求婚者を追い返したエピソードがモチーフか。

関連カード

サーチ可能な攻撃力1850の魔法使い族モンスター

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:自分フィールド《BK グラスジョー》対象に、相手がこのカードの(2)の効果発動し、その効果処理で自分同名カード墓地へ送ってこのカードの(2)の効果無効にしました。
  この場合、自分はこの時に墓地へ送った《BK グラスジョー》効果発動できますか?
A:このカードの(2)をチェーン1で発動していた場合に限り、効果発動できます。(17/02/04)


Tag: 《妖精伝姫−カグヤ》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1850 守1000

広告