()とし(あな)/Trap Hole》

通常罠
(1):相手が攻撃力1000以上のモンスターの召喚・反転召喚に成功した時、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃力1000以上のモンスターを破壊する。

 Vol.1で登場した通常罠
 召喚・反転召喚に成功した攻撃力1000以上の相手モンスター破壊する効果を持つ。

 除去罠カードの最古参にして落とし穴の開祖。
 OCG黎明期には除去の花型として活躍したが、今では特殊召喚に対応しない点が非常に痛い。
 エクシーズモンスターをはじめとするフィニッシャークラスのモンスター召喚ではなく特殊召喚される事がほとんどであり、また召喚成功時に発動する効果も止められない。
 それらの素材となるモンスター破壊すれば間接的な妨害もできるが、基本的には特殊召喚に対応する《奈落の落とし穴》や、召喚そのものを止められる《神の警告》などが優先される。

 《奈落の落とし穴》に対する優位点として、攻撃力1000以上、1500未満のモンスター破壊できる点がある。
 かつてはガジェット《フォッシル・ダイナ パキケファロ》破壊するために《奈落の落とし穴》ではなくこちらを採用したデッキが結果を残したこともあり、環境次第では全く出番がないわけではない。
 攻撃力の低いチューナー召喚し、耐性を持つシンクロモンスターに繋いでくるデッキ相手にする場合は《奈落の落とし穴》を使う隙がないが、こちらなら妨害を狙える。

 《フレシアの蟲惑魔》効果のために落とし穴を増やす場合、他の落とし穴に加えこのカードを投入する事が考えられる。
 他の落とし穴は切り札級のモンスターの処理には強いが、召喚された低攻撃力に対しては穴があるためである。

  • 原作・アニメにおいて―
    「決闘者の王国編」の「城之内vsキース」戦において登場。
    但し、原作での《落とし穴》はVol.1(1999年2月4日発売)後の週刊少年ジャンプ1999年15号(1999年3月9日発売)に登場しており、名前が同じの別物。
    効果OCGとは異なり攻撃反応型である。
    通常罠
    飛行能力を持たない相手攻撃モンスター1体を破壊する。
    その後、破壊したモンスターの攻撃力の1/4のダメージを相手プレイヤーに与える。
    城之内はこれで、勝利がみえたと慢心したキースの《メタル・デビルゾア》を落とし、その出鼻を挫いた。
    また、この時他のモンスター攻撃しなかった事から、バトルフェイズを終了する効果もあったようだ。
    元ネタであろうMtGのカード「落とし穴」と同じく「飛行モンスター」には通用せず、後の「城之内vs梶木」戦でそれが露呈する。
    原作でのカードイラストでは、落とし穴の中にトゲがあるのが見られる。
    アニメ版では《串刺しの落とし穴》カード名が変更され、後年になって原作の効果に近い形でOCG化された。
  • アニメDM44話の「デュエルクエスト編」においては、OCG版のこのカードを城之内が使用して群衆を落とし穴に落とした。
    《串刺しの落とし穴》では、絵的に残酷な為かもしれない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《落とし穴》の発動チェーンして《収縮》対象モンスター攻撃力を1000未満にしました。
  対象モンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。

Q:何故これは《奈落の落とし穴》と違い、対象をとる効果なのですか?
A:発動時に効果発動する1体を対象に選択するためです(枚数が1体と決められている)。
  《奈落の落とし穴》は、同時に特殊召喚された攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊します(枚数が決められていない)。


Tag: 《落とし穴》 通常罠 落とし穴

広告