(りゅう)霊廟(れいびょう)/Dragon Shrine》

通常魔法(制限カード)
デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。
墓地へ送ったモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、
さらにデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
「竜の霊廟」は1ターンに1枚しか発動できない。

 ストラクチャーデッキ−青眼龍轟臨−で登場した通常魔法
 1ターンに1度しか発動できない制限を持ち、ドラゴン族デッキから墓地へ送り、それが通常モンスターの場合は追加でドラゴン族デッキから墓地へ送る事ができる効果を持つ。

 前半の効果は、ドラゴン族に限定された《おろかな埋葬》といえるカード
 あちらも制限カードなので、【ドラゴン族】では単純に2枚目の《おろかな埋葬》として使える。
 同様に墓地を肥やせるカードには《竜の渓谷》が存在しており、あちらはフィールド魔法であるためサーチでき、維持できれば複数回効果を使える。
 一方、こちらはコスト不要で《サイクロン》などには妨害されない分安全な発動ができる。

 さらに、1枚目に通常モンスター墓地へ送った場合は《おろかな埋葬》2枚分の効果となる。
 2枚目は効果モンスターでも構わない。
 サイバー・ダーク《龍の鏡》を活かすため、手早くドラゴン族墓地へ送りたい時に非常に有効。
 【真紅眼の黒竜】では、《真紅眼の黒竜》に加え、《真紅眼の飛竜》《メテオ・ドラゴン》を同時に墓地へ送ることができ、様々な展開に繋げられる。
 【カオスドラゴン】【征竜】においては、《ライトパルサー・ドラゴン》征竜特殊召喚コストをすぐに用意でき、特に【征竜】では蘇生にも繋げられる。
 【ジャンクドッペル】なら、《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》手札にない方と《ガード・オブ・フレムベル》墓地へ送ることで、安定した高速展開ができる。

  • 「霊廟」とは、先祖や偉人などの霊を祭った宮である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ドラゴン族デュアルモンスター墓地へ送った場合、2体目のドラゴン族モンスター墓地へ送る事ができますか?
A:はい、できます。(13/06/15)

Q:《アンデットワールド》フィールド上に存在する時にドラゴン族通常モンスター墓地へ送った場合、2体目のドラゴン族モンスター墓地へ送る事ができますか?
A:いいえ、できません。(13/06/15)

Q:このカード効果デッキから2体のドラゴン族墓地へ送る場合、それらのモンスターは同時に墓地へ送られる扱いになりますか?
A:いいえ、同時に送る扱いではありません。(13/06/27)

広告