竜核(りゅうかく)呪霊者(じゅりょうしゃ)/Dragon Core Hexer》

チューナー・通常モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2300/守3000
永きに渡って狩り続けたドラゴンの返り血により、常人ならざる力を宿した女戦士。
その魂は斃されたドラゴンの怨嗟に染まり、疫病を撒き散らす邪悪な竜核へと成り果てた。
もはや帰る故郷もなく、本能のままに刃を血に染めたその目的は、彼女自身にも思い出せない・・・。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスターチューナー

 展開には特殊召喚を利用したいが、幸い闇属性ドラゴン族レベル8・通常モンスターという特性から、様々なサポートカードを使用できる。
 聖刻によるデッキからの特殊召喚が可能であり、蘇生にも、《銀龍の轟咆》《復活の福音》《思い出のブランコ》《黙する死者》と選択肢には困らない。
 墓地へ送るには《終末の騎士》《ダーク・グレファー》《竜の渓谷》《竜の霊廟》等を利用でき、手札に来ても《トレード・イン》《闇の誘惑》コストにできる。

 しかし、いくら特殊召喚手段が豊富とはいえ、最上級モンスターであるこのカードを利用したシンクロ召喚の選択肢は限られており、《レベル・スティーラー》禁止カードに指定されたことも逆風である。
 このカードと非チューナーレベルモンスターとで、《アルティマヤ・ツィオルキン》《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》召喚条件を満たせるため、その用途が一般的となるだろう。

 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》を採用した儀式召喚軸の【青眼の白龍】との相性は良好である。
 《青眼の白龍》《トレード・イン》《復活の福音》等のサポートカードを共有することができ、このカードを組み込みやすい。
 また、《青き眼の賢士》《太古の白石》によるリクルートデッキ内の《青眼の白龍》が枯渇することも珍しくないので、その代替として《高等儀式術》に使用できる。
 更に、《青眼の白龍》《青眼の亜白龍》と共に並べることで、容易に《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》特殊召喚が可能。
 効果により邪眼神トークンを生成して《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》攻撃すれば、それだけで8000ダメージを与えて1ターンキルとなる。

  • 《竜角の狩猟者》(りゅうかくのしゅりょうしゃ)とカード名が酷似しているので、カード名宣言する場合は注意が必要である。
    • 英語名も《Dragon Horn Hunter》を踏まえたものとなっている。
      なお、Hexerはドイツ語で「魔法使い」という意味である。
  • カード名イラストフレイバー・テキストからすると、《竜角の狩猟者》の成れの果てと考えられる。
    故郷を救えなかっただけでなく、自身が疫病をばら撒くになるという、あまりにも悲劇的な末路を辿る事となった。
    代わりに「常人ならざる力を宿した」とされるが、果たしてこれは彼女の望むところだったのだろうか。
  • フレイバー・テキスト内の「怨嗟(えんさ)」とは「恨み嘆くこと」という意味である。
    また、「斃された」は「倒された」と同音ではあるが、こちらは「倒し倒れて命をなくすこと」という意味である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《竜核の呪霊者》 モンスター チューナーモンスター 通常モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2300 守3000

広告