連合軍(れんごうぐん)/The A. Forces》

永続魔法
自分フィールド上の戦士族モンスターの攻撃力は、
自分フィールド上の戦士族・魔法使い族モンスターの数×200ポイントアップする。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した永続魔法
 自分フィールド上の戦士族魔法使い族モンスターの数に応じ、戦士族強化する。

 戦士族サーチ手段が、魔法使い族リクルート手段が豊富なため、数を並べるのは難しくない。
 ペンデュラム召喚などで複数展開できれば一気に強化できる。
 《一族の結束》に比べて上昇値は不安定なものの、墓地の状況に影響されないため採用するエクシーズモンスターシンクロモンスターを縛らなくて済む。

 これらの点から、【ジャンク・ウォリアー】とは特に相性が良い。
 《ジャンク・シンクロン》から《ドッペル・ウォリアー》蘇生後のシンクロ召喚時には、高い攻撃力を得られ、1ターンキルこそ困難だが対モンスターに関しては充分な数値を得られる。
 同条件ならば《一族の結束》も僅かだが1ターンキルに届かないため、もう1体を追加するとなると差異は小さい。
 単体での強化値は格段に落ちるのだが、《ジャンク・シンクロン》の応用性の高さを損なわず、墓地モンスターが存在する必要もないため安定性では勝る。
 特に《エフェクト・ヴェーラー》《増殖するG》といった《ジャンク・シンクロン》による蘇生が狙える手札誘発系のモンスターが使用できるか否かの差は、自分だけでなく相手のプレイングにも影響する。
 実際にそれらの比率が大きくない、あるいは採用しない場合であっても、《一族の結束》と違い、可能性を匂わせるだけでも抑止力としては機能しうる。
 もちろん4枚目の《一族の結束》として採用できない事もない。

  • イラストには《連合軍》とドラゴン軍との戦いと思われる場面が描かれている。
    尻餅をついている男性や、《エルディーン》とよく似た女性がいるなど、効果の通り協力しているのが見て取れる。
    マスターガイド1によると、魔法使いの後方支援を頼りながら戦士達が前線で戦っている最中とのこと。
  • アニメGXの「万丈目vsノース校四天王」戦ではノース校四天王が使用。
    8体の《切り込み隊長》を飛躍的にパワーアップさせた。
    計算をすると、各モンスター攻撃力は2800となる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドモンスターがいない状態で、《連合軍》を2枚発動してから戦士族召喚しました。
  そのモンスター攻撃力は400上がりますか?
A:はい、その場合は400上がります。


Tag: 《連合軍》 魔法 永続魔法

広告