E−HERO(イービルヒーロー)

デッキの概要

 《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》によるE−HERO融合召喚を主体とするデッキ
 融合素材下級E・HERO及び《E−HERO マリシャス・エッジ》が存在するためデッキ自体はHEROデッキである。
 融合素材に同じ下級E・HEROを使用する【E・HERO】とは、デッキの構築や運用方法が異なるので注意したい。
 キーカードである《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》を引き当てるまでは戦線維持対策も必要である。
 そのため、融合召喚以外の戦術も必要な玄人向けのデッキといえる。

《ダーク・フュージョン/Dark Fusion》
通常魔法
手札・自分フィールド上から、融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、
悪魔族のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手のカードの効果の対象にならない。
《ダーク・コーリング/Dark Calling》
通常魔法
自分の手札・墓地から、融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターをゲームから除外し、
「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる
その融合モンスター1体を「ダーク・フュージョン」による融合召喚扱いとして
エクストラデッキから特殊召喚する。

デッキ構築に際して

融合モンスター融合素材モンスターについて

 融合召喚に必要な魔法カード自体は共通だが、各E−HERO融合素材が異なるうえに、相互的なシナジーを持たない。
 そのため、これら全てを破綻なく共存させる事は不可能であると言ってよい。
 どのようなE−HEROを主軸とするかで構築も大きく異る。

その他のモンスターについて

融合素材サーチリクルートするモンスター

―その他相性の良いモンスター

魔法・罠カードについて

E−HEROサポートカード

HERO戦士族サポートカード

―その他相性の良いカード

デッキの派生

【マリシャス・ビート】

 《E−HERO マリシャス・エッジ》生け贄召喚をプレイの中心とするタイプ。
 《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》は必ずしも必要としない。

 詳しくは、【マリシャス・ビート】【帝コントロール】を参照のこと。

【高等儀式術】

 E−HERO融合素材モンスター通常モンスターであることに着目したタイプ。
 《E−HERO インフェルノ・ウィング》《E−HERO ライトニング・ゴーレム》《E−HERO ダーク・ガイア》が主軸となる。
 【E−HERO】のデッキ構築とは異なるので、【高等儀式術】及び【デミスガイア】を参考にしたい。

このデッキの弱点

 戦術自体は【E・HERO】とあまり変わらないため、弱点もほぼ同様となる。
 《ナチュル・ビースト》などの魔法カード封じ、《虚無魔人》などの特殊召喚封じ、《王宮の鉄壁》による《ダーク・コーリング》封じなどがある。

代表的なカード

関連リンク

広告