HERO(ヒーロー)

デッキの概要

 HEROをサポートするカードを中心にし、それに対応するE・HEROD−HEROE−HEROM・HEROV・HEROを組み合わせたビートダウンデッキ
 複数のカテゴリを扱うが、どれも終着点は融合モンスターを中心としたビートダウンとなる。
 構成的には各カテゴリ出張要素を組み込んだものに近く、HEROリンクモンスター効果も使った展開で圧倒する。

《E・HERO エアーマン/Elemental Hero Stratos》
効果モンスター
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの
「HERO」モンスターの数まで、
フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。
《E・HERO シャドー・ミスト/Elemental HERO Shadow Mist》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の「HERO」モンスター1体を手札に加える。
《E・HERO オネスティ・ネオス/Elemental HERO Honest Neos》
効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から捨て、フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2500アップする。
(2):手札から「HERO」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、捨てたモンスターの攻撃力分アップする。
《V・HERO ヴァイオン/Vision HERO Vyon》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

 基本的にHEROリンクモンスター及び《V・HERO ファリス》による展開を重視するため、制約に引っかからない様、HERO以外のモンスター特殊召喚を行わない。
 HERO以外のモンスター手札墓地効果を使うものか、相手ターン特殊召喚を行う、通常召喚から効果を活かすものがメインになる。
 HEROモンスターに関しては、まずHERO全般をサポートするモンスターを中心にし、各カテゴリ汎用性の高いもの、出張要員を中心に採用する形となる。

メインデッキモンスターについて

HERO

HERO以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 HERO融合素材とするモンスターを軸にし、他カテゴリは用途に合わせて採用を考えたい。
 自分デッキにあったエクストラデッキを構成したい。

HERO

―それ以外

魔法・罠カードについて

 融合召喚をサポートするカードカテゴリをサポートするカードで大別される。

融合召喚に関連したカード

HEROをサポートする魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 序盤は《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》《V・HERO ヴァイオン》を使って手札墓地を整える。
 準備が整い次第《D−HERO ディアボリックガイ》《E−HERO シニスター・ネクロム》《E・HERO リキッドマン》で展開を始め、リンク召喚融合召喚を行いビートダウンを始める。

 戦闘補佐には《E・HERO Great TORNADO》《V・HERO アドレイション》全体除去には《E・HERO アブソルートZero》《E−HERO マリシャス・ベイン》、妨害手段には《M・HERO ダーク・ロウ》と豊富な動きができるデッキなので、相手によって対応を変えやすいことが強みとなる。
 優れた展開能力からの1ターンキルも得意なのでら特化させた動きに変えていくのもいい。

デッキの種類

【E・HERO】

融合素材サーチして展開する融合召喚を行うデッキ
詳細はリンク先を参照。

【D−HERO】

墓地利用を行い、大型モンスターを呼び出すデッキ
詳細はリンク先を参照。

【E−HERO】

他のHEROと異なり、悪魔族を主軸とする融合召喚デッキ
詳細はリンク先を参照。

【V・HERO】

永続罠となるV・HEROを利用して展開する一風変わった融合召喚デッキ
詳細はリンク先を参照。

【M・HERO】

チェンジ速攻魔法によりM・HEROに変身して戦う【E・HEROビート】の派生デッキ
詳細はリンク先を参照。

このデッキの弱点

 基本の動きに特殊召喚墓地肥やしが入るので、それらのメタカードには弱い。
 また、魔法カードによる融合召喚が大型モンスターを呼び出す方法なので、それらを封じるカードも天敵となる。

 幸い、メタ効果を持つモンスター下級モンスターでも《E・HERO オネスティ・ネオス》を使えば突破できないことも無い。
 問題はそれらすら封じる《魔鍾洞》の存在であり、除去の多くをモンスター効果に頼り、融合召喚カードを入れているこのデッキでは魔法・罠除去にまでデッキスペースを回す余裕はない。
 そのためサイドデッキ魔法・罠除去に力を入れておくとよい。
 《魔鍾洞》ほどではないが《スキルドレイン》も苦手であり、こちらもいつ遭遇してもいいように対策を練っておきたい。

 サーチを多用する上、下級モンスター攻撃力はあまりないため、《ライオウ》《超雷龍−サンダー・ドラゴン》といったサーチそのものを封じるモンスターにも弱い。
 《灰流うらら》にも弱いように見えるが、サーチ手段を複数握れる可能性が高いため耐性は多少はある。

代表的なカード

関連リンク

広告