【インティ&クイラ】

デッキの概要

 《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》シンクロ召喚を行い、それぞれの蘇生効果によって戦線を維持するデッキ
 《太陽の神官》と専用チューナーシナジーが大きく、多数のサポートカードの恩恵を受けられるため、シンクロ召喚を狙うのは比較的容易。

《太陽龍インティ/Sun Dragon Inti》
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2800
「赤蟻アスカトル」+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードを破壊したモンスターを破壊し、
そのモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。
また、フィールド上のこのカードが破壊された場合、
次のターンのスタンバイフェイズ時、
自分の墓地の「月影龍クイラ」1体を選択して特殊召喚できる。 
《月影龍クイラ/Moon Dragon Quilla》
シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「スーパイ」+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが攻撃対象に選択された時、
攻撃モンスターの攻撃力の半分の数値分だけ自分のライフポイントを回復する。
また、フィールド上のこのカードが破壊された場合、
自分の墓地の「太陽龍インティ」1体を選択して特殊召喚できる。
《太陽の神官/Oracle of the Sun》
効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1000/守2000
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「赤蟻アスカトル」または「スーパイ」1体を手札に加える事ができる。

デッキ構築に際して

 このデッキは、できるだけ素早く《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》シンクロ召喚をする必要がある。
 多数のサポートカードを使ってできるだけ素早くシンクロ召喚を狙えるカードが中心となる。

メインデッキモンスターについて

―主軸及びそれらに関連する効果を持つモンスター

―その他のレベルモンスター
 専用チューナーレベルの関係上、非チューナーレベル5分のシンクロ素材を用意しなければならない。
 基本的に特殊召喚が容易なレベルモンスターレベル変更の効果を持つ下級モンスターを採用したい。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスター

シンクロモンスター
 レベル6、レベル8を採用し《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》と使い分けられるようにする。

エクシーズモンスター
 レベルモンスターの比率が高くなるのでランク5をメインに採用する。

魔法・罠カードについて

シンクロ素材の確保

破壊効果を持つカード
 フィールド《スーパイ》《赤蟻アスカトル》《アポカテクイル》《太陽の神官》らを破壊し、サーチしつつ効果を使える。
 同様に《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》蘇生効果の連携をサポートする。
 自分カード破壊するため可能な限り消耗を抑え、かつタイミングを逃さないものを採用したい。

―その他のカード

戦術

 序盤・中盤はできるだけ早く《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》両方のシンクロ召喚をする必要がある。
 後先考えず他のシンクロモンスターばかり出していると、手札が尽きてしまうことが多い。

 戦闘破壊耐性があったり守備力が3000を超えるモンスター守備表示で出されると、少々辛い状況となる。
 要のインティクイラがどちらも受身の効果のため、相手が受けに回るとこちらからは手出しできなくなるのである。
 シンクロモンスターを使って処理するのもよいが、インティクイラが揃っていない場合は2体のシンクロ召喚を優先したほうが良いだろう。

デッキの派生

《No.92 偽骸神龍 Heart−eartH Dragon》併用型

 戦闘破壊耐性を持つモンスター守備力が3000を超える守備表示モンスター《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》では対処できない。
 この点を克服するために《No.92 偽骸神龍 Heart−eartH Dragon》への特殊召喚ルートを投入したのがこのデッキタイプである。

 《No.92 偽骸神龍 Heart−eartH Dragon》《No.53 偽骸神 Heart−eartH》効果特殊召喚するのが一番無理がないだろう。
 採用するモンスター特殊召喚できるレベル5が多いため、《No.53 偽骸神 Heart−eartH》エクシーズ召喚《地獄の暴走召喚》を使えば難しくない。
 《太陽の神官》以外では《プリミティブ・バタフライ》《ガーベージ・ロード》を使って展開できると揃えやすいだろう。
 《リミット・リバース》とも共有しやすく、《No.53 偽骸神 Heart−eartH》相手ターン蘇生して自分ターン自壊させれば容易に特殊召喚できる。

 ただし、これらのカードを投入する場合、既存の【インティ&クイラ】では無理なく採用できた《スキルドレイン》《王宮の鉄壁》が採用しづらくなる。
 特に《スキルドレイン》は、せっかく出した《No.53 偽骸神 Heart−eartH》《No.92 偽骸神龍 Heart−eartH Dragon》がただの弱小モンスターになってしまう。
 相手が使う場合は早めの除去を心掛けるか、既存の【インティ&クイラ】の戦術に切り替える必要があるだろう。

メタルフォーゼ併用型

 自分カードを任意で破壊し、メタルフォーゼ魔法・罠カードに変換できるメタルフォーゼとの混合型。
 破壊をトリガーとする効果を持つカードが多いこのデッキとは相性が良く、《メタルフォーゼ・アダマンテ》レベル5のシンクロ素材にできる。
 《赤蟻アスカトル》戦闘破壊にしか対応せず、積極的に自分カード破壊するのでチューナー墓地に溜まりやすい点には注意したい。
 《サルベージ・ウォリアー》墓地チューナー蘇生でき、ペンデュラム召喚リリースを確保しやすいので他の型より活躍できる。

このデッキの弱点

 《太陽の神官》《赤蟻アスカトル》《スーパイ》は全て攻撃力1400以下なので《王虎ワンフー》が一体場にいるだけでシンクロ召喚どころではなくなる。
 もしも遭遇した場合は《アポカテクイル》などで早めに除去しておきたい。
 とはいえ《スーパイ》召喚して破壊させれば攻撃力2000となった《太陽の神官》特殊召喚できるため、致命的に弱いというわけではない。

 また、《ライオウ》などの特殊召喚阻害カード群にも注意。
 墓地を頻繁に使うので《次元の裂け目》《マクロコスモス》との相性も最悪である。
 ゆえに【メタビート】【次元ビートダウン】が天敵と言える。
 墓地モンスター効果を封殺する《ソウルドレイン》も当然相性最悪。

 他にも、《強制脱出装置》《N・グラン・モール》などのバウンスに至っては、ほぼ完全な除去となるので注意したい。
 《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》もこれらのバウンスには対応していないのである。
 《群雄割拠》《御前試合》シンクロ召喚自体ができなくなる《不協和音》レベルを変動させられる《デビリアン・ソング》も厄介。
 これらが出ているだけで、最悪の場合このデッキのギミック自体が崩壊する可能性があるので、これらの発動は確実に阻止したい。

 その他《太陽龍インティ》破壊された場合、蘇生にタイムラグがある点も弱点となる。
 《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》のために多くのリソースを割くことになるため、この間にモンスターを大量展開されると対応しきれずに1ターンキルを許してしまうことも少なくない。
 逆に一度凌いでしまえばアドバンテージを取り優位に立つこともできるので、いかにして1ターンキルを阻止するかもデッキ構築の重要なポイントとなる。

代表的なカード

関連リンク

広告