【クローラー】

デッキの概要

 昆虫族地属性で統一されたクローラーを中心としたビートダウンデッキ
 リバースした時の効果リクルートによる戦線維持が特徴。

《クローラー・グリア》
リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 700/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「クローラー・グリア」以外の「クローラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・グリア」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。
《クローラー・レセプター》
リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 900/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「クローラー」モンスター1体を手札に加える。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・レセプター」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。
《エクスクローラー・クオリアーク》
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「クローラー」モンスター2体
(1):自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。
●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、
自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 エクストラデッキクローラーリンク素材縛りがある。
 クローラーリンクモンスターを並べるつもりなら、昆虫族地属性で固めた方が展開しやすくなる。

メインデッキモンスターについて

クローラー
 以下の共通効果を持つ。

(1):このカードがリバースした場合に(カード毎の固有効果)
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
(同名カード)以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

 どちらの効果タイミングを逃さないため、チェーン2以降でも発動できる。
 相手除去カードを使用した時に表示形式を変更させることでリバースした時の効果リクルート効果を両方使用できる。

クローラー以外のモンスター
 リンク素材に使う場合、エクストラデッキクローラーは異なる縛りがあるため、枚数には注意。

エクストラデッキモンスターについて

クローラーリンクモンスター
 以下の共通効果を持つ。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、
自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

 リンク素材縛りはあるが、いずれもリンク2で展開は比較的容易。
 リクルート効果は扱いやすくなったが、素のステータスが低いのが難点。
 いかに並べられるかが勝敗の鍵になるだろう。

クローラー以外のリンクモンスター
 《エクスクローラー・クオリアーク》クローラーモンスターの数を参照するため、クローラー以外のモンスターの優先度は低い。
 しかしリンク2を特殊召喚することに長けているため、エクストラデッキには他のモンスターも用意しておきたい。

魔法・罠カードについて

クローラーサポートカード
 星遺物の名を持ち、星遺物モンスターサーチ可能。

昆虫族サポート

リバースモンスターと相性の良いカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 クローラーの固有効果を使いつつ、除去に合わせて表示形式を変更してリクルートを行う。
 その後、《エクスクローラー・クオリアーク》を含む6体のクローラーを並べる。
 相手モンスターがいても直接攻撃でそのままゲームエンドに持ち込める。

 メインデッキクローラーは最高攻撃力が1300で、以降は200ずつ下がっていく。
 1体ずつ存在すると仮定しても、攻撃力の合計は6500となり、《エクスクローラー・クオリアーク》全体強化を含めると合計8300で1ターンキルとなる。

デッキの派生

【幻想機皇】採用型

 《幻想召喚師》《カオス・インフィニティ》機皇兵を入れて、融合モンスターを利用するタイプ。
 クローラーに不足しがちな打点を補いつつ、効果発動の補助もできる。
 《幻想召喚師》で呼び出した融合モンスター裏側守備表示にすれば、自壊しない。
 《星遺物の傀儡》永続罠で使い減りしないため、状況次第で様々な融合モンスターを使える可能性がある。

このデッキの弱点

 このデッキは素のステータスが低いモンスターが多い。
 効果による除去対象を取る効果がほとんどなので、耐性を持った大型モンスターには苦戦するだろう。
 墓地メタ特殊召喚メタを食らうと苦しい展開を強いられる。
 リクルートこそ行えるが、固有の効果無効にされるため《スキルドレイン》も天敵である。

代表的なカード

関連リンク

広告