【セフィラ】

デッキの概要

 クロスオーバー・ソウルズで登場したセフィラを中心としたビートダウンデッキ
 《智天の神星龍》以外のセフィラモンスターはいずれもペンデュラムモンスターであると同時に、他のカテゴリカード名を併せ持っており、そのカテゴリに関連する効果を持つ。

《智天の神星龍/Zefraath》
特殊召喚・ペンデュラム・効果モンスター
星11/地属性/岩石族/攻3450/守2950
【Pスケール:青5/赤5】
「智天の神星龍」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「セフィラ」Pモンスター1体を選び、自分のエクストラデッキに表側表示で加え、
このカードのPスケールをターン終了時まで、そのPモンスターのPスケールと同じにする。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。
このカードがエクストラデッキに表側表示で存在し、
「セフィラ」モンスター3体以上を含む自分フィールドのモンスター全てをリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功したターン、自分は通常のP召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「セフィラ」モンスターをP召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから「セフィラ」モンスター1体を特殊召喚する。
《セフィラの神意/Zefra Providence》
通常魔法
「セフィラの神意」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「セフィラの神意」以外の「セフィラ」カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「セフィラ」カードが破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。
《セフィラの神託/Oracle of Zefra》
フィールド魔法
「セフィラの神託」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時にデッキから「セフィラ」モンスター1体を手札に加える。
(2):以下のモンスターを、「セフィラ」モンスターを使用して儀式召喚、
または「セフィラ」モンスターを素材として特殊召喚した時、
自分はそれぞれの効果を1ターンに1度ずつ発動できる。
●儀式:フィールドのモンスター1体をデッキに戻す。
●融合:手札のモンスター1体を特殊召喚する。
●S:デッキのモンスター1体をデッキの一番上に置く。
●X:デッキから1枚ドローし、その後手札を1枚捨てる。

デッキ構築に際して

 このデッキを組むに際して非常に重要な点は、どの要素をどの程度取り入れるかである。
 ペンデュラム召喚は必須であるが、複数のカテゴリを内包するセフィラの特性上構築の幅は非常に広く、シンクロ召喚エクシーズ召喚融合召喚儀式召喚採用の可否はプレイヤーの個性が大きく出る。
 なので、どの召喚方法をどの程度利用するかを決め、それからデッキ全体のバランスを考える必要がある。
 基本戦術の項を参考にしながら採用したいカードを吟味していくことをお勧めする。

モンスターカードについて

セフィラモンスター
 《智天の神星龍》以外のセフィラモンスターはスケール1または7を持つ。
 どちらかのスケールが固まらないよう、スケール1と7をバランス良く採用する必要がある。
 一方《智天の神星龍》以外のペンデュラム効果は全て共通のデメリット効果しか持たないので、純粋にモンスターとしての性能で運用していくことが求められる。

―その他のモンスター

エクストラデッキについて

魔法・罠カードについて

 左右のスケールが存在しないと回らないペンデュラムデッキの宿命としてモンスター比率が多くなりやすく、魔法・罠カードに割けるデッキスペースは少ない。

セフィラサポートカード

―その他相性の良いカード

戦術

 基本的には以下の手順でペンデュラム召喚による大量展開を行う。

  1. 《智天の神星龍》《セフィラの神託》《セフィラの神意》《竜星因士−セフィラツバーン》《覚星輝士−セフィラビュート》《秘竜星−セフィラシウゴ》の3枚を手札エクストラデッキに揃える。
  2. 《竜星因士−セフィラツバーン》《覚星輝士−セフィラビュート》《秘竜星−セフィラシウゴ》ペンデュラム召喚相手側のカード除去
    (この時の具体的なコンボの流れ等についてはこちら
  3. 上記のセフィラモンスターとそれ以外のモンスターを使ってエクシーズシンクロ融合儀式のいずれかを行い、アドバンテージを稼いでいく。

 デッキを構成するカードの内、(《セフィラの神託》サーチ出来る《テラ・フォーミング》も含めると)15枚が実質的に万能サーチカードなので、非常に安定した動きが出来る。
 一度回り始めれば、ペンデュラムデッキ特有のアドバンテージの失いにくさで粘り強く戦う事ができるだろう。
 その分プレイングは難しく、どのモンスターをスケールとして置く(モンスターとしての使用を諦める)か、どのモンスターエクシーズ素材にする(ペンデュラム召喚を諦める)か、どのモンスター《セフィラの神撃》コストにするかなどの判断が勝負を左右する。
 特に融合召喚儀式召喚の要素を採用する場合は、更にプレイング難度が上がる。

シンクロ召喚

 《セフィラの神託》適用下でセフィラを素材にシンクロ召喚を行えば、デッキから任意のモンスターデッキトップ置くことができる。
 ドロー効果と併用することで、そのモンスターをそのターン手札加えることができる。

 特にドロー効果を持つ《スターダスト・チャージ・ウォリアー》は相性が良い。
 展開能力を持つチューナー《セフィラの神託》の2枚からデッキ内の好きなモンスター手札加えられる。

 手札加えるのが《シンクローン・リゾネーター》ならばさらなるシンクロ召喚に繋がり、《エフェクト・ヴェーラー》《増殖するG》等ならば相手ターンへの備えになる。
 《TG ストライカー》のように自己特殊召喚できるチューナーや、《宝竜星−セフィラフウシ》ペンデュラム召喚時の効果を使用する等で召喚権を温存できた場合はさらに展開が可能になる。
 《スターダスト・チャージ・ウォリアー》リリースすれば上級モンスターアドバンス召喚することも可能である。

デッキの種類

《セフィラの聖選士》軸

 強烈なデッキバウンス効果を持つ《セフィラの聖選士》発動を狙うタイプ。
 《光帝クライス》《連成する振動》《智天の神星龍》などを駆使してエクストラデッキを肥やしていく。
 これまでは発動条件としてシナジーの無いものを含めてセフィラを10種類全て投入する必要があったが現在では11種類存在しており、以前より安定性は増している。

パーミッション

 強力な妨害効果を持つ《竜星の九支》《セフィラの星戦》《セフィラの神撃》相手の動きを止めることに重点を置いたデッキ

 上記の各種妨害カードサーチするために《秘竜星−セフィラシウゴ》効果《源竜星−ボウテンコウ》効果を如何に早く発動出来るかが重要になる。
 《秘竜星−セフィラシウゴ》エクストラデッキに送るまたは手札に加える手段としては《セフィラの神意》《智天の神星龍》《セフィラの神託》が挙げられる。
 また各種妨害カードの再利用のために《イビリチュア・マインドオーガス》儀式召喚をサポートでき、自身も妨害効果を持つ《虹光の宣告者》も採用する。
 1度《秘竜星−セフィラシウゴ》効果で大量のカウンター罠カードサーチできれば、そのままサーチしてきたカード相手デッキを機能不全に陥らせる事も可能。

デッキの派生

【音響セフィラ】

 音響戦士と複合させたタイプ。
 ペンデュラム召喚による大量展開と、レベル種族属性を変化させる音響戦士の特性を活かして、エクストラデッキモンスターを状況に応じて召喚する。
 召喚制限を原因とした召喚難度は低下するため、好みのモンスター特殊召喚できる。

【セフィラリゾネーター】

 リゾネーターの内、単体でも機能しやすい《レッド・リゾネーター》《シンクローン・リゾネーター》セフィラ出張させたタイプのデッキ
 上記の音響戦士型と比べ手札コストが必要なく《コール・リゾネーター》サーチできるため、フットワークが軽く《源竜星−ボウテンコウ》を出しやすい点で優れるが、ペンデュラムスケールにならない点で劣る。
 手札事故に繋がりうるカードを少なく出来、ペンデュラム召喚権を残して展開しやすい為現在のセフィラデッキの主流となっている。
 またセフィラリゾネーター音響戦士を採用する型も存在する。

【セフィラテラナイト】

 【テラナイト】を軸に、セフィラ出張させたタイプ。
 セフィラの共通効果であるペンデュラム召喚先の制限に伴い《竜星因士−セフィラツバーン》《覚星輝士−セフィラビュート》《智天の神星龍》の3枚以外は搭載できないが、《セフィラの神託》《セフィラの神意》《星因士 デネブ》《増援》サーチカードが大量に搭載できるのでスケールは十分に揃う。
 テラナイト召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した事を発動条件とする効果と、手札モンスターを一斉に特殊召喚できるペンデュラム召喚は相性がよく、展開の高速化と《セフィラの神託》によるドロー加速が可能。

このデッキの弱点

 ペンデュラムデッキ共通の弱点として、スケール2枚が揃わないと動けない点、2枚のスケールを同時に破壊されると痛打となる点が挙げられる。
 《魔封じの芳香》をはじめとする対ペンデュラム用のメタカードが直撃するため、マッチ2戦目からは対策が取られやすい。
 ペンデュラム召喚に依存する都合上特殊召喚メタ《マクロコスモス》も怖いが、永続系メタカード《竜星因士−セフィラツバーン》《セフィラの星戦》《虚無空間》の場合は《覚星輝士−セフィラビュート》でも可)で突破できるので、対処の余地はある。
 シンクロ召喚軸であれば、《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》無効化してしまうのも手だろう。
 《醒めない悪夢》は天敵ともいえる存在で、《セフィラの星戦》手札から発動するためのペンデュラムスケールすら整えられなくなるため、別途除去手段を用意しておきたい。

代表的なカード

関連リンク

広告