【トランス】

 ※現在ではルールが改正され、時間切れでの勝利法は実質的に消滅している。
  ただし、エキストラターンに突入し、ライフ回復を行うことで勝利することは可能。

デッキの概要

  • 第1セット中にマッチの制限時間を超過した場合、その段階でライフが多いほうをマッチの勝者とする。
  • 第2セット中にマッチの制限時間を超過した場合、第1セットの勝者をマッチの勝者とする。

 以上のルール(2005年10月20日に改正され、現在はなくなっている)を利用し、時間切れによる勝利を狙う。
 別名TOD(Time Over Death:タイム・オーバー・デス)。

《サイバー・ブレイダー/Cyber Blader》(旧テキスト)
融合・効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2100/守 800
「エトワール・サイバー」+「ブレード・スケーター」
このモンスターの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
相手のコントロールするモンスターが1体のみの場合、
このカードは戦闘によっては破壊されない。
相手のコントロールするモンスターが2体のみの場合、
このカードの攻撃力は倍になる。
相手のコントロールするモンスターが3体のみの場合、
このカードは相手の魔法・罠・効果モンスターの効果を無効にする。
《おジャマトリオ/Ojama Trio》
通常罠
(1):相手フィールドに「おジャマトークン」(獣族・光・星2・攻0/守1000)
3体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。
「おジャマトークン」が破壊された時に
そのコントローラーは1体につき300ダメージを受ける。
《地盤沈下/Ground Collapse》
永続魔法
全てのモンスターゾーンから2カ所を選択する。
選択したモンスターカードゾーンは使用できない。
この時モンスターカードが置かれている場所は選ぶ事はできない。

 ※《サイバー・ブレイダー》は2016年のDIMENSION BOX LIMITED EDITION再録の際にテキストエラッタされ効果が変更されている。
 このページでは旧テキスト時代の「フィールドカードしか無効にできないが、チェーンブロックを作らない効果無効にできる」裁定を前提とした文章である。

戦術

 《おジャマトリオ》《地盤沈下》モンスターの召喚を完全ロックし、《サイバー・ブレイダー》魔法効果モンスター効果をほぼ完璧にロック
 最後は《光の護封壁》《つまずき》等で自軍モンスターを全て守備表示にし、おジャマトークン自爆特攻も封じ込める。
 後は《現世と冥界の逆転》デッキ切れを防ぎつつ回復を繰り返せば、1デュエルマッチに勝利することが可能だった。
 《黒魔導師クラン》等によりバーンを行うこともできるが、相手のライフを0にしてデュエルに勝利してしまうリスクがある。

 【コスモロック】を下回る点は、相手モンスターの数を3体で固定しなくてはならない点と出すのに手間のかかる融合モンスターを使わなくてはならない点。
 しかし、《人造人間−サイコ・ショッカー》などのロック対策モンスターを無視できる点、まず自分ロックされない点ではこちらが勝る。
 好みで使い分けるといいだろう。

 プレイングで対策できる要素が少ない分、【コスモロック】よりはマッチ二戦目以降も戦いやすい。
 ロックの条件はモンスターの数の固定だが、基本的にモンスター除去しやすいため数の調整が容易い。
 また、カードを大量に伏せられるため対策カード対策能力も若干高い。

サイドデッキによる対策

 マッチ戦を制する上で《王宮のお触れ》を筆頭とした大量のメタカードに対抗するのは困難である。
 従って以下のような二通りの回避策が考えられる。

このデッキの弱点

 おジャマトークン《エネミーコントローラー》等のコストとされると、ロックが解除されてしまう。
 「効果無効にする」が、「発動できない」わけではないのだ。
 トゥーン《D−HERO Bloo−D》等の、特殊召喚のための生け贄にされる可能性もある。
 (ちなみに、《トゥーン・ワールド》自体に効果はない。)

 これは《生贄封じの仮面》で対策でき、当時カードプールでは《ポルターガイスト》《天よりの宝札》《The アトモスフィア》の3枚くらいでしか打破出来なくなる。
 また、【コスモロック】とかみ合わせるか《禁止令》を併用する事でそれらも封印することも可能。

 新マスタールール以降はリンク召喚が登場したため、ロック状態でも簡単におジャマトークンを減らされる可能性が出てきた。
 特殊召喚を行えなくする《虚無空間》等を併用したいところだが、必要枚数はさらに増加することとなる。

デッキの歴史

第4期(2004年〜2006年)

 後述の備考 の項にも触れられているように元々はELEMENTAL ENERGYで登場した(エラッタ前)《サイバー・ブレイダー》《おジャマトリオ》《地盤沈下》とのコンボを組み合わせて相手の盤面を封殺し、《現世と冥界の逆転》相手デッキ切れで逃げさせないまま、時間切れによる(マッチ戦の)勝利を狙うことを目的に開発されたデッキであった。
 そのため、キーカードである《サイバー・ブレイダー》《デビル・フランケン》を用いて出されていた。
 その後、2005年10月20日にルールが改正され、エキストラターンのルールが導入されてからは時間切れでの勝利法は実質的に消滅した。
 

第5期(2006年〜2008年)

第6・7期(2008年〜2012年)

 マスタールールの登場と共にシンクロ召喚シンクロモンスターが実装されると、状況は一変。
 相手に送りつけたおジャマトークンシンクロ素材として除去されるようになり、妨害能力は大幅に低下したため、相対的にロックの強度も低下していった。
 結果、10/09/01制限改訂《おジャマトリオ》準制限カードに緩和された。

第8期(2012年〜2014年)

 14/02/01《デビル・フランケン》制限カードに緩和された。
 またカードプールの拡充に伴い、上記の堅牢なロックコンボ《ナチュル・エクストリオ》《異星の最終戦士》等の制圧能力を持つモンスターとを組みあわせることで序盤から相手を封殺する使い方が出来るようになった。

第9期(2014年〜2017年)

第10期(2017年〜)

 新マスタールールの登場と共にリンク召喚リンクモンスターが実装された。
 これにより、ロック状態を完成させても簡単におジャマトークン相手リンク素材に変換されるケースが珍しくなくなった。
 結果、堅牢な封殺・妨害性能を維持出来なくなったため、現在は形骸化している。

備考

  • TODを狙うデッキ全てに言えることだが、インターバルが取れない状態で「40分間+3ターン(エキストラターン)」の間延々とデュエルを行うことになるため、下手をするとプレイ続行が困難になるほど消耗してしまう危険がある。
    くれぐれも他のプレイヤー及び大会運営スタッフに迷惑がかからないようにする事。
  • 第10期現在、「マッチ戦内のインターバル中にマッチの制限時間を超過した場合、その段階で1勝している者をマッチの勝者とする。」というルールは存在している。
     とはいえ、これを利用した行為は公認大会規定で罰則対象として定められている「デュエルの進行を引き延ばす行為」と判断される可能性もあるので注意したい。

代表的なカード

関連リンク

広告