【ファンカスノーレ】

デッキの概要

 ※ 09/03/01の制限改訂でデッキの中核を成すカードが規制され、従来の構築は不可能。

 《ファントム・オブ・カオス》《天魔神 ノーレラス》によるコンボを中心としたデッキ
 フィニッシャーには《馬頭鬼》特殊召喚した上級アンデット族モンスターが用いられる。

《天魔神 ノーレラス/Sky Scourge Norleras》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2400/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性・天使族モンスター1体と闇属性・悪魔族モンスター3体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。
1000ライフポイントを払う事で、お互いの手札とフィールド上のカードを
全て墓地へ送り、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
《ファントム・オブ・カオス/Phantom of Chaos》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
自分の墓地に存在する効果モンスター1体を選択し、ゲームから除外する事ができる。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードはエンドフェイズ時まで選択したモンスターと同名カードとして扱い、
選択したモンスターと同じ攻撃力とモンスター効果を得る。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
このモンスターの戦闘によって発生する相手プレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。
《馬頭鬼/Mezuki》
効果モンスター(制限カード)
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800
墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
自分の墓地からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 《天魔神 ノーレラス》特殊召喚する機会はなく、手札に来ても腐るだけなので、1枚で充分。
 除外されるのが怖いなら、2枚程度積んでもいいだろう。
 その場合《トレード・イン》の投入を増やすのもよい。
 《ファントム・オブ・カオス》は3枚積みが好ましく、《キラー・トマト》などを入れてさらに引きやすくするべきだろう。
 《馬頭鬼》コンボの準備が整うまでの戦線維持に一役買うので、採用はほぼ確定。

 その他のモンスターは、《天魔神 ノーレラス》上級アンデット族モンスター墓地へ送ることが出来る《終末の騎士》は複数枚入れたい。
 また、《終末の騎士》サーチ出来ない《馬頭鬼》リクルートできる《ゴブリンゾンビ》も無理なく投入できる。

 爆発力を求めるのなら、《赤鬼》《闇より出でし絶望》であるが、《トレード・イン》《終末の騎士》に対応する《闇より出でし絶望》を優先したい。
 《トレード・イン》には対応しないが、二回のダイレクトアタックで勝負を決められる《茫漠の死者》も採用圏内だろう。
 《終末の騎士》などで2枚の《茫漠の死者》墓地へ送り、一枚は《馬頭鬼》蘇生しもう一枚を《生者の書−禁断の呪術−》蘇生すれば1ターンキルが成立する。
 後述の《ゾンビキャリア》におけるデッキトップ操作を利用すれば容易に達成できる。
 【アンデット族】寄りの構築であれば、こちらのコンボを優先して狙っていくことになるだろう。
 また、ステータスはリクルータークラスではあるものの能動的に大破壊を回避可能な《エアジャチ》も有力な候補。
 1ターン前からの準備が必要な難点はあるもののリセット後にリソースを残せるので決定力の引き上げが可能。
 また、自己再生が可能でかつデッキトップを操作可能な《ゾンビキャリア》は必須。

 他には、《メタモルポット》などの手札交換モンスターの比率を多めにするのなら《魔導雑貨商人》を採用するのも面白い。

 コンボの準備が整うまでアンデット族で戦うのなら【アンデット族】に採用されるようなカードを入れればいいし、モンスターロックで凌ぐのなら《マシュマロン》などを入れよう。

魔法・罠カードについて

 墓地を肥やすことが必須なので《手札抹殺》《手札断殺》などの手札交換は重要である。
 《天魔神 ノーレラス》効果によって《手札断殺》ディスアドバンテージは一瞬で吹き飛ぶので、気兼ねなく使うことが出来る。
 デッキからピンポイントで墓地へ送ることが出来る《おろかな埋葬》もこのデッキでは非常に重要。
 ただし、《魔導雑貨商人》を採用する場合は外されることもあるので、そのあたりは構築しだいだろう。

 墓地に落ちた《ファントム・オブ・カオス》を回収できる《ダーク・バースト》があると安心できる。
 《ファントム・オブ・カオス》《馬頭鬼》と相性のいい《異次元からの埋葬》を入れてもいいだろう。
 また、安心してコンボを発動できるように《トラップ・スタン》《王宮のお触れ》などの罠カード対策も用意したい。
 《神の宣告》などのカウンター罠の採用も考えられる。

 他のカードは、コンボが決まるまでの戦術で変わる。
 【アンデット族】寄りにするのなら《生者の書−禁断の呪術−》などのアンデット族サポートを。
 ロック寄りにするのなら《レベル制限B地区》《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》を採用するといいだろう。

 その他では、【やりくりターボ】のギミックを仕込んでもいい。
 手札の質を上げるのと同時に、《非常食》によって《天魔神 ノーレラス》コストが払えない、という事態に陥りにくくなる。

 ドローするカードを操作する《鳳凰神の羽根》も十分採用圏内。
 蘇生カードを持ってくることで1ターンキルの効率を上げることもできる。

戦術

 下記のコンボで勝利を目指す。

  1. 《天魔神 ノーレラス》《馬頭鬼》上級アンデット族モンスター墓地へ送る
  2. 《ファントム・オブ・カオス》《天魔神 ノーレラス》をコピーし、効果発動
  3. 《馬頭鬼》効果墓地上級アンデット族モンスター特殊召喚

 特殊召喚可能なアンデット族で最高の攻撃力をもつ《赤鬼》《闇より出でし絶望》3体で1ターンキル圏内に達するが、最上級モンスターを多くすると手札事故を誘発してしまう。
 だが1〜2回のドローで劣勢を跳ね返せるカードを引くのは難しいので、決まればほぼ勝利は目前である。
 また、《茫漠の死者》の登場で、現在の制限状況でも1ターンキルが可能となった。

デッキの派生

【BFファンカスノーレ】

 【BF】との混合デッキ。
 こちらのキーカードは《BF−大旆のヴァーユ》
 墓地BFを溜め込み、このカード効果BFシンクロモンスターを展開していく。
 本来なら手札で腐りやすい《BF−漆黒のエルフェン》も、このデッキでは《天魔神 ノーレラス》などの効果墓地に送ってしまうため、問題なく採用できる。
 また、通常召喚を行っていない状態でデッキトップ《BF−極北のブリザード》を置くことができればさらに追加でシンクロ召喚を行うことができる。
 この場合はBF以外のシンクロモンスター特殊召喚できるので、攻撃力の高い《大地の騎士ガイアナイト》が出せれば儲けものである。

 《BF−激震のアブロオロス》の登場により《BF−孤高のシルバー・ウィンド》特殊召喚が容易となった。
 かつての【ファンカスノーレ】のように1ターンキルを行うことも夢ではない。

 基本的な動かし方としては従来の【ファンカスノーレ】と同様に《ダーク・グレファー》《おろかな埋葬》《手札断殺》などで墓地を肥やしていくことになる。
 闇属性のサポートを生かしやすく、派生デッキの中では比較的無理が生じにくい。
 またサイドデッキで通常の【BF】とスイッチできるのも強みである。

【雑貨ファンカスノーレ】

 こちらは《魔導雑貨商人》を3枚採用し魔法・罠に《ダーク・バースト》を2枚のみ採用した【フルモンスター】に近い構築となる。
 《魔導雑貨商人》が発動すれば墓地が一気に肥えて即、瞬殺コンボがスタートする。
 採用モンスターは自由度が高いため【ライトロード】【シンクロアンデット】【ダークモンスター】のギミックを併用可能。
 《ヘルウェイ・パトロール》《カオス・ネクロマンサー》を出すのも良い。
 《カードガンナー》《ゾンビキャリア》など相性の良いカードは多い。

【ファンカスノーレアマリリス】

 【植物ノーレ】【アマノーレ】などとも呼ばれる。
 自己再生効果を持つ《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》フィニッシャーとする【植物族】との混合型。
 《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》レベル8なので《天魔神 ノーレラス》とともに《トレード・イン》を共有できる。

 植物族墓地に溜め込むには《ローンファイア・ブロッサム》《キラー・トマト》《イービル・ソーン》が役に立つ。
 《キラー・トマト》《ファントム・オブ・カオス》《終末の騎士》《召喚僧サモンプリースト》リクルートできるのでシナジーも大きい。

 ただし《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》自己再生するのはエンドフェイズなので攻めに転ずるのが1ターン遅れてしまい、その間に相手に逆転を許してしまう恐れもある。
 また、攻撃の度に《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》自壊する点にも注意が必要で、十分に墓地が肥えていないとすぐに息切れしてしまう。

【ドラゴンファンカスノーレ】

 【ドラゴン族】との混合型。【レダメノーレ】とも呼ばれる。
 《真紅眼の飛竜》効果《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》蘇生させ、さらに《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》効果ドラゴン族を展開していく。

 《竜の渓谷》手札コスト《天魔神 ノーレラス》のおかげでさほど気にならないので好相性。
 《トレード・イン》闇属性サポートの両方に対応した《ダーク・ホルス・ドラゴン》《トライホーン・ドラゴン》を採用するとなかなか面白い働きをする。
 また、サポートカードが豊富な《青眼の白龍》もいいだろう。
 《伝説の白石》と併用することでデッキ圧縮を図りやすい。

 【ファンカスノーレアマリリス】と同様に展開するためには1ターン耐える必要があるのが厄介。
 早めに準備をして余裕を持って戦いたいところである。
 また、《真紅眼の飛竜》効果を使うには「通常召喚をしない」という条件があるため、《ファントム・オブ・カオス》フィールドに出すには手間がかかる。
 場合によっては《ヘルウェイ・パトロール》を採用するのも手。

 デッキトップを操作できるギミックがあるならば《龍の鏡》《死者蘇生》で大打撃を一発見舞うのもいいだろう。
 同じような効果《トレード・イン》墓地へ送ることができる《裁きの龍》《天魔神 ノーレラス》の代わりに入れてもいいかもしれない。

【ワイトファンカスノーレ】

 《ワイトキング》による1ターンキルを目的としたデッキ
 墓地《ワイト》たちを溜め込み、フィールド一掃後に《馬頭鬼》攻撃力8000以上の《ワイトキング》蘇生させる。
 通常の【ファンカスノーレ】と違い、《馬頭鬼》が1枚で済むのが大きなポイントである。

 《ワイト》通常モンスターなので《凡人の施し》を組み込んでドローを加速させることもできる。
 除外した《ワイト》で、《ワイトメア》を能動的に捨てるチャンスを作ることもできる。

 序盤は《ワイト夫人》フィールドを固めたりすることである程度戦線をささえることもできる。
 ある程度墓地《ワイト》らが溜まったところで《ワイトキング》に攻めに生かせて邪魔なモンスターを排除するのもいいだろう。

 ただし、1回の攻撃で仕留めるのが前提のため、《ネクロ・ガードナー》で妨害されたり、相手が回復して削りきれない場合になると厳しい。
 フィールドに残るのが《ワイトキング》1枚では攻撃力がいくら高くても心許ないだろう。

【インフェルニティノーレ】

 【インフェルニティ】との混合型。
 墓地を肥やし手札を0にするという点で【インフェルニティ】とは相性が良く、《ダーク・グレファー》などのサポートカードも元々共通しているので組みこみやすい。
 デッキトップを操作して《インフェルニティ・デーモン》ドローできれば一方的な展開が出来るだろう。

 ただし、【インフェルニティ】には自分から手札を減らすギミックを既に持っており、高速展開による1ターンキルに近い戦術をとる事が多いため通常の【インフェルニティ】よりも速度が落ちる点に注意。
 相手を無理矢理ハンドレス状態に巻き込める点で差別化したいところ。

【セフィロンノーレ】

 《究極時械神セフィロン》フィニッシャーとするタイプ。
 《究極時械神セフィロン》及びその蘇生対象となる天使族モンスター《天魔神 ノーレラス》コストにもなるので、《ファントム・オブ・カオス》でなく、正規の《天魔神 ノーレラス》を出すことも可能となる。
 レベル8の天使族も多いので《トレード・イン》デッキを回しやすくなるのもちょっとしたメリットとなる。 

このデッキの弱点

 《マクロコスモス》などの除外に滅法弱い。
 《砂塵の大竜巻》などの魔法・罠除去《異次元からの埋葬》で対策したい。
 中でも、継続的な墓地肥やしも兼ねてくれる《ライトロード・マジシャン ライラ》は最高の相性。
 また、コンボが決まるまである程度時間がかかるので、【フルバーン】などの短期決戦を狙うデッキには押されがち。

 また、手札事故の多さも弱点となる。
 《天魔神 ノーレラス》上級アンデット族モンスター手札に来てはどうしようもないので、手札交換カードを多めに積むようにしよう。
 《天魔神 ノーレラス》はレベル8なので上級アンデット族もレベル8にし、《トレード・イン》を共有するのがいいだろう。

 相手【アンデット族】の場合は、《闇より出でし絶望》に注意。
 《天魔神 ノーレラス》効果で対処できない数少ないモンスターである。
 相手墓地《馬頭鬼》《ゾンビキャリア》が存在すると、シンクロモンスターを展開されかねない。
 そうなるとこちらも手札が足りず、押し負けることもあるだろう。

 現環境では墓地利用デッキが多く、ドロー墓地次第で簡単に覆される。
 《天魔神 ノーレラス》効果発動する場合はそのターン中の決着を心がけよう。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告