【ヘル・サターン1キル】

デッキの概要

 《ヘル・テンペスト》《魂吸収》コンボライフ回復し、《裁きの代行者 サターン》フィニッシャーとする1ターンキルデッキ
 コンボの中核が発動条件の厳しい魔法カードフィールド魔法を要求する上級モンスター等であり事故になる要素を多く含むため、より高いプレイングが要求される。

《裁きの代行者 サターン/The Agent of Judgment - Saturn》
効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻2400/守   0
自分のライフポイントが相手を超えている場合、
自分フィールド上に存在するこのカードをリリースして発動する事ができる。
超えているライフポイントの数値分のダメージを相手ライフに与える。
この効果は自分フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在していなければ適用できない。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行う事ができない。
《ヘル・テンペスト/Inferno Tempest》
速攻魔法
3000ポイント以上の戦闘ダメージを受けた時に発動する事ができる。
お互いのデッキと墓地のモンスターを全てゲームから除外する。
《魂吸収/Soul Absorption》
永続魔法
このカードのコントローラーはカードがゲームから除外される度に、
1枚につき500ライフポイント回復する。

デッキ構築に際して

 軸となる《裁きの代行者 サターン》を中心に、【光属性】【天使族】カードが採用できる。
 【エンジェル・パーミッション】の要素で守りを固めるのもよいが、《神の宣告》ライフコストから使いづらい。

モンスターカードについて

 相手モンスター除外されても《魂吸収》トリガーにはなるが、なるべく自分デッキのみで1ターンキルが可能になるよう、最低でも20枚前後は欲しい。

魔法・罠カードについて

デッキの派生

【トーチ・テンペスト】

 《ヘル・テンペスト》《ネクロフェイス》デッキ破壊を主軸にするタイプ。
 詳しくは該当ページを参照。

このデッキの弱点

 コンボデッキなので、キーカードは確実に守りたい。
 特に《魂吸収》除去されたり、《シモッチによる副作用》で逆に利用される事は避けたい。

 また《ヘル・テンペスト》トリガーを満たすため、自主的な攻撃が必要になる事が多い。
 それを阻害する《激流葬》《聖なるバリア −ミラーフォース−》《収縮》には注意したい。
 後者2つはダメージ調整に失敗するだけでなく、相手フィールド上にモンスターが残ってしまう。
 他には狙ったモンスター《月の書》裏側守備表示にされたり、《エネミーコントローラー》リリースされる事もありえる。
 効果ダメージ《地獄の扉越し銃》《痛魂の呪術》に利用される事もあるだろう。
 自爆特攻を狙った場合、一度阻害されると《裁きの代行者 サターン》誓約効果で1ターン動けなくなってしまう。

 自主的にダメージを受ける性質上、展開の速いデッキ【フルバーン】に押し切られる事もあるだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告