極星(きょくせい)

デッキの概要

STORM OF RAGNAROKで登場した極星と名のつくモンスターおよびそれらを専用のチューナーとする極神を利用するデッキ
極星にはシンクロ召喚に繋がる展開力やトークン特殊召喚に長けたものが多く、切り札となる極神は高いステータスと条件付の自己再生を持つ。
また、極星極神のサポートには、この両方に作用するものも存在するため、サポートは固めやすい。

自己再生持ちの大型モンスターによるフィールドの制圧は高威力かつ圧巻であり、このデッキの大きな売りとなる。
その他、極神以外のシンクロモンスターも使用可能なため、場面に応じた様々なシンクロ召喚による切り替えも可能となる。

《極神皇トール/Thor, Lord of the Aesir》
シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/獣戦士族/攻3500/守2800 
「極星獣」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターの効果を
エンドフェイズ時まで無効化できる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手によって破壊され
墓地へ送られた場合、そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する
「極星獣」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、相手ライフに800ポイントダメージを与える。
《極神皇ロキ/Loki, Lord of the Aesir》
シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻3300/守3000
「極星霊」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、自分のバトルフェイズ中に相手が魔法・罠カードを発動した時、
その発動を無効にし破壊する事ができる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する
「極星霊」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する罠カード1枚を選択して手札に加える事ができる。
《極神聖帝オーディン/Odin, Father of the Aesir》
シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻4000/守3500
「極星天」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。
このカードはエンドフェイズ時まで魔法・罠カードの効果を受けない。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
相手によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する
「極星天」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
《神の桎梏グレイプニル/Gleipnir, the Fetters of Fenrir》
通常罠
自分のデッキから「極星」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

デッキ構築に際して

 極星というカテゴリで括られているものの、シンクロモンスターである極神にはそれぞれに専用のチューナーが指定されている。
 極星獣極星霊極星天混合デッキを構築するのは実質困難であり、いずれか1つに統一もしくは2種類にとどめた方が事故率も少ない。

 唯一、後述の理由から《極星天ヴァナディース》を軸とするならば、数種の極星を組み合わせてもある程度融通が利くようになる。

メインデッキモンスターについて

極星モンスター
 基本的には切り札とする極神に応じたチューナー、それにレベルが合わせやすく展開力のある非チューナーを優先して採用していく。

極星以外のモンスター
 主に極神シンクロモンスターシンクロ素材レベル調整がしやすいモンスターを中心に採用したい。
 チューナーに応じたレベルから選ぶか、非チューナー極星を安定して展開するために選択するパターンとがある。
 《極星天ヴァナディース》《極星霊スヴァルトアールヴ》シンクロ素材が限定されるため、極星を間接的にサポートできるカードを採用する。

エクストラデッキモンスターについて

極神シンクロモンスター
 極神の名を持つシンクロモンスターでこのデッキの切り札。
 3極神それぞれのモンスター効果と、相手によって破壊されたターンエンドフェイズに特定のチューナー除外することで、自身を蘇生できるモンスター効果を持つ。
 またこの効果特殊召喚に成功した時に、極神ごとがそれぞれ持っている特有のモンスター効果発動できる。
 なお除外するチューナーは、自身の必須のシンクロ素材に指定している「極星○」と名のついたモンスターと同じものである。

極神以外のシンクロモンスター
 レベルが比較的分散するため、シンクロ素材の指定がないシンクロモンスターからは豊富に採用することができる。
 極星獣により容易に《ボルテック・バイコーン》も使用でき、運は絡むが自己再生コストのための墓地肥やしも可能となる。
 その他にも《極星霊デックアールヴ》レベル3の《インフェルニティ・デス・ドラゴン》《極星天ヴァルキュリア》《極星霊リョースアールヴ》《マジックテンペスター》など、指定付でも出せる組み合わせは多い。
 基本的には組み合わせに左右されない指定無しを優先したいが、選択肢そのものは非常に豊富である。

魔法・罠カードについて

極星宝と名のつくものを除き、専用サポートでくくるメリットは存在しないため、こだわる必要性は低い。
また、《極神皇ロキ》を使用する場合、罠カードサルベージできることも視野に入ってくる。

極星および極神のサポートとなる魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード
 主に相性のいいものの他、極神は大型モンスターにありがちな蘇生不可などの制限がないため、汎用蘇生手段などは問題なく活用できる。
 極神極星除去を持たず、専用除去も条件付のため、除去もまたうまく魔法・罠カードで補うと有利に進められる。

戦術

 下級モンスターである極星をそれぞれの効果や豊富なサポートで展開、極神などのシンクロモンスターの素早い展開を狙う。
 特に秀でた展開力を持つ極星獣により早い段階で《極神皇トール》を出せる場合が多いため、制圧力は比較的高い。
 展開したシンクロモンスターを各種サポートや魔法・罠カードで守る、極神自己再生などで維持しつつ場を固めていくこととなる。

 半面、極神自己再生は条件やコストの存在から万能ではなく、これだけに依存すると、除外コスト不足ですぐに戦線は崩れてしまう。
 実質専用のチューナーを含むシンクロ素材を消費する兼ね合いから極神の維持不可という事態は確実に避けるようにしたい。
 自己再生できることは保険と考え、できる限り場を離れさせずに短期決戦を心がけた方が無難といえるだろう。
 蘇生制限は無く、《死者蘇生》《リビングデッドの呼び声》《D・D・R》などの使用も可能なため、自己再生に対応した極星モンスターがなくなってしまったとしても、ある程度の態勢の立て直しはできる。
 《神縛りの塚》耐性を与えておくのも手ではある。

デッキの種類

極星獣

 極星の中でも固有のシナジーを持つ極星獣《極神皇トール》のみに絞った構築。

 序盤は《極星獣タングニョースト》を自身の効果相手ターン特殊召喚、自ターンリクルート効果に繋げる。
 相手攻撃に合わせ《神の桎梏グレイプニル》サーチ効果に繋げられれば理想的だろう。
 除去された場合も《竜魂の幻泉》《強化蘇生》蘇生できればフォローできる。

 極星獣以外は【獣族】を軸とし、あちらの動きを利用した展開から《極神皇トール》シンクロモンスターを素早く展開していく。
 とりわけ《素早いビッグハムスター》《巨大ネズミ》との相性が良く、特に前者は《極星獣タングニョースト》効果とも噛み合っている。
 展開の要となる極星獣リクルートでき、展開をさらに安定したものにできるだろう。

《極星霊デックアールヴ》

 上級モンスター故に他の極星と連携が取りづらい《極星霊デックアールヴ》を中心としたタイプ。
 やはりリリース要員の選択が重要となり、サルベージ効果があるとは言え《極星霊ドヴェルグ》だけではシンクロ素材の確保には結びつきにくい。

 特に聖刻とは相性が良く、《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリース要員としてうってつけと言える。
 あちらをリリース後にレベル5のドラゴン族通常モンスター特殊召喚できれば即座にレベル10のシンクロ召喚及びランク5のエクシーズ召喚に繋げられる。
 《ブリリアント・フュージョン》《ジェムナイト・セラフィ》出張も相性がよく、あちらがレベル5なのでエクシーズ召喚につながり、光属性ドラゴン族通常モンスター《ジェムナイト・ラズリー》融合素材にして回収も狙える。

 《サルベージ・ウォリアー》とも相性が良く、アドバンス召喚に成功した時に《極星霊デックアールヴ》特殊召喚することでも同じ組み合わせが狙える。
 両者は《魔装戦士 ドラゴディウス》サーチ先を共有できるシナジーも持ち合わせる。

このデッキの弱点

 極星効果シンクロ召喚とほぼ全てが特殊召喚を軸にするため、それらを封じられると何もできなくなる場面がある。
 破壊され墓地へ送られることを条件とするものや、自己再生とそのコストなど、除外を軸とした相手でも何もできなくなる。
 極星のステータスから《王虎ワンフー》も難敵であり、効果により除去されると極星獣効果も使用できない。
 また、種族属性も統一できていないため、《群雄割拠》《御前試合》でも大きな損失を受ける。

 長期的なメタでなくとも、極神除外バウンスでは自己再生できないため、その一発で一気に劣勢になることも多い。
 除去カウンター罠を多めに採用し、確実に対処できるようにしておきたい。

代表的なカード

関連リンク

広告