宣告者(デクレアラー)パーミッション】

デッキの概要

 《緑光の宣告者》《紫光の宣告者》《朱光の宣告者》の3種類の宣告者を駆使したパーミッションデッキ
 宣告者効果の発動には手札天使族が必要なため、デッキ構成は【天使族】となる。
 また、モンスターを主体とすることから罠カード主体の【パーミッション】ではなく、【カウンタービート】の形式となりやすい。

《緑光の宣告者/Herald of Green Light》
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手が魔法カードを発動した時、
手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
《朱光の宣告者/Herald of Orange Light》
チューナー・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手がモンスターの効果を発動した時、
手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
《紫光の宣告者/Herald of Purple Light》
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手が罠カードを発動した時、
手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。 

デッキの構築において

モンスターカードについて

 宣告者効果の関係上モンスターの大半を天使族にする必要があり、かつモンスターの比率を高めにする必要がある。
 また、宣告者効果が基本的にディスアドバンテージになるため《光神テテュス》等のアドバンテージを得られるカードの採用が好ましい。

魔法・罠カードについて

 このデッキでは宣告者カウンター罠の代わりとなるため、【エンジェル・パーミッション】と異なりカウンター罠を採用する必要はあまりない。
 基本的に制約がかかるのはモンスターカードのみであるため、魔法・罠カードはあまり気にせずに構築できる。
 しかし、宣告者効果発動を阻害しないように、投入枚数は少なめにすると良い。

デッキの種類

《光神テテュス》

 《光神テテュス》効果宣告者コストとなる天使族の確保を狙う。
 宣告者の最大の弱点である手札消費を打ち消す事ができる。
 ただし、《光神テテュス》効果によりドローしたカードを見せる必要があるため、宣告者の利点である奇襲性は失われる。

 《光神テテュス》上級モンスターなため、場に出すために《神の居城−ヴァルハラ》《死皇帝の陵墓》を採用したい。
 また、それらをサーチできる《ヘカテリス》《テラ・フォーミング》も併用すると良い。
 宣告者では戦闘破壊を防げないため、《光神テテュス》を守るために《オネスト》サポートしておきたい。
 他には《光神テテュス》効果トリガーを増やすため、ドロー効果を持つ《スケルエンジェル》《打ち出の小槌》等も採用候補となる。
 これらにより場に《光神テテュス》を維持できれば、パーミッションに必要十分なドローを延々と繰り返すことが出来る。

《門前払い》

 召喚時に天使族サーチできる《センジュ・ゴッド》《マンジュ・ゴッド》《門前払い》で使い回し宣告者コストを維持する。
 さらに、《門前払い》と相性の良いモンスターを採用しビートダウンも両立させる。
 相手モンスターの展開やデッキモンスター比率を抑える事ができるのが特徴である。

 《センジュ・ゴッド》《マンジュ・ゴッド》からサーチする天使族儀式モンスターは、主に宣告者コストとして使用することになる。
 《破滅の女神ルイン》《天界王 シナト》はその召喚条件から儀式召喚するのは困難である。
 ただし、《トレード・イン》を併用することで安定してコストにしやすい。
 《神光の宣告者》ならば他の宣告者ともシナジーしており儀式召喚も容易に行える。
 しかし、《門前払い》との相性が悪く自爆特攻されても手札に戻されてしまうため、《門前払い》が無い時に使用するのがいい。

 《門前払い》と相性が良い光神機相手へのダメージ宣告者コストとして利用できる。
 《光神機−桜火》《光神機−轟龍》アタッカーにする事で打点を補える。
 また、打点は低いものの《光神機−閃空》ならばドローしてコストを補給することも可能である。

デッキの派生

【神光の宣告者】

 全ての効果に対応する儀式モンスター宣告者である《神光の宣告者》を中心とした構築。
 3種の宣告者とは使い方が根本的に異なるため詳細はリンク先を参照。

このデッキの弱点

ディスアドバンテージ

 宣告者効果発動するだけで手札を多く消費してしまう。
 《天空騎士パーシアス》《光神テテュス》《貪欲な壺》等でカードドロー手札を補いたい。

除外

 宣告者効果発動には自身と天使族墓地へ送る事が必要なので、全体除外カードに弱い。
 《マクロコスモス》《次元の裂け目》を先に発動されると宣告者効果発動できないため、魔法・罠カード除去《サイクロン》等で対処したい。

その他

 パーミッションが追いつかない【フルバーン】を始めとしたバーンカードを多用するデッキを苦手とする。
 また、【スタンダード】等のカウンター対象が絞れないデッキにも不利になりやすい。
 《紫光の宣告者》効果スペルスピードが2なのでカウンター罠を打ち消すことができないことにも注意したい。

代表的なカード

関連リンク

広告