イグナイト/Igknight

 クラッシュ・オブ・リベリオンカテゴリ化した「イグナイト」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て炎属性戦士族で統一されており、《イグナイト・アヴェンジャー》《イグナイト・スティンガー》以外は全て通常モンスターかつペンデュラムモンスターである。
 また、ペンデュラムモンスターペンデュラムスケールは2か7で統一されており、以下の共通したペンデュラム効果を持つ。

(1):もう片方の自分のPゾーンに「イグナイト」カードが存在する場合に発動できる。
自分のPゾーンのカードを全て破壊し、
自分のデッキ・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を選んで手札に加える。

 イグナイト同士であればペンデュラムスケールは問わないため、同名カード2枚などペンデュラム召喚ができない組み合わせでも発動できる。
 手札にもう1枚ペンデュラムモンスターが存在すれば、それと対になるペンデュラムスケールを持つイグナイトをサーチサルベージする事で、破壊したイグナイトを即座にペンデュラム召喚で呼び戻せる。
 また、サーチサルベージはイグナイト以外にも対応しているため、《コマンド・ナイト》全体強化したり、チューナー《復讐の女戦士ローズ》と合わせてシンクロ召喚したり、《E・HERO ブレイズマン》を経由して《融合》サーチしたりと応用もきく。

  • 《サイクロン》で片方が既に破壊されていた場合、もう片方はそのまま残る。
    サーチできないのはどちらも同じだが、処理が違うので注意。
  • 上記2つの裁定は特殊裁定であることに注意。
    一般的なカードの場合、「〇〇を全て破壊し、〜〜する。」というテキストならば、破壊耐性などで破壊できないカードがあったとしても、1枚でも破壊できれば、「〜〜する」処理を行える。
    また、《サイクロン》で片方が既に破壊されていた場合も、もう片方が破壊され、「〜〜する」処理を行える。
    • このカードのような裁定は一般的には「〇〇2枚を破壊し、〜〜する。」というテキストの場合に出される。
      TCGでも両方のカード破壊することが明記されており、テキストの不備の可能性が高い。
  • カテゴリ名は、『点火する』などを意味する「イグナイト(Ignite)」と『騎士』を意味する「ナイト(Knight)」を掛けたものだろう。
    • モンスターカード名は銃火器に関するものが多く、イラストでも多くが銃のような武器を所持している。
      銃は火薬に点火することで弾丸を発射する武器であり、このことも「点火」と掛かっていると言える。
      • 英語名での固有名は、騎士や勇敢な男性などを示す言葉が当てられている。
  • 原作・アニメにおいて―
    ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!において剛秀斗が使用している。

関連リンク

―「イグナイト」と名のついたモンスター
 ※は「イグナイト」に関する効果を持つモンスター

―「イグナイト」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「イグナイト」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「イグナイト」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

ペンデュラム効果に対応する戦士族炎属性モンスター

−それ以外

−以下は墓地からサルベージのみ可能。(エクストラデッキに戻る)

FAQ

Q:「自分ペンデュラムゾーンカードを全て破壊し、自分デッキ墓地から戦士族炎属性モンスター1体を選んで手札に加える」
  この効果は、《王家の眠る谷−ネクロバレー》効果適用されている場合でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/09/05)

Q:「自分ペンデュラムゾーンカードを全て破壊し、自分デッキ墓地から戦士族炎属性モンスター1体を選んで手札に加える」
  この効果は、「1枚しか破壊できなかった」場合も手札に加える処理は有効ですか?
A:いいえ、効果発動した自身と片方のカード破壊できなかった場合は処理は行われません。(15/04/24)

Q:「自分ペンデュラムゾーンカードを全て破壊し、自分デッキ墓地から戦士族炎属性モンスター1体を選んで手札に加える」
  この効果は、「1枚も破壊できなかった」場合も手札に加える処理は有効ですか?
A:いいえ、手札に加える処理は行われません。(15/04/24)

広告