トゥーン


トゥーン/Toon (公式用語)

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した能力名
 テキストに【○○族・トゥーン】と表記されたモンスターが持つ効果のことである。
 この表記を持つモンスターは、トゥーンモンスターと呼ばれる。

 一定の条件下で直接攻撃できる・自壊する、召喚制限攻撃制限があるなどの共通した特徴があるが、その種類はいくつかのタイプに分かれる。
 同じトゥーンでも登場した時期によってその性質が大きく異なっており、具体的には後述のようになっている。

 「Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−」で登場した最も古いトゥーンは以下の効果を持つ。
 《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》《トゥーン・デーモン》《トゥーン・ドラゴン・エッガー》《トゥーン・マーメイド》が該当する。

このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在する場合に特殊召喚できる。
(1):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):このカードは500LPを払わなければ攻撃宣言できない。
(3):相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
存在する場合、トゥーンモンスターを攻撃対象にしなければならない。
(4):フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。

 全て《トゥーン・ワールド》が存在する場合に特殊召喚できる特殊召喚モンスターであり、レベル5以上なら特殊召喚の際にリリースを要求する。
 また《トゥーン・ワールド》特殊召喚及び自壊の条件に関わるだけで、存在しなくても直接攻撃効果適用されるトゥーンモンスターでもある。

 《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》召喚条件及び直接攻撃自壊の条件は上記と同じである。
 ただし、攻撃宣言時にライフポイントを払う必要がなく、特殊召喚したターンでも攻撃が可能という点で異なる。
 なお、場に出したそのターンにすぐ攻撃できるトゥーンモンスターは、現在のところ《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》のみである。
 これらは手札から特殊召喚する時は《トゥーン・ワールド》が必要だが、蘇生制限を満たしていれば蘇生帰還の際に《トゥーン・ワールド》は必要ない。(15/05/16)

 また「STRUCTURE DECK−ペガサス・J・クロフォード編−」で登場した後続のトゥーンモンスターは、以下の効果を持つ。
 《トゥーン・ゴブリン突撃部隊》《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》《トゥーン・キャノン・ソルジャー》《トゥーン・仮面魔道士》が該当する。

(1):このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
(4):フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。

 《トゥーン・ワールド》が存在しなくても、直接攻撃効果適用されないだけで召喚自体は可能なのが最大の特徴。
 さらに共通効果しか持たない初期のトゥーンと違い、このタイプのトゥーンは、(3)の部分にモンスター毎に異なる固有のモンスター効果も持っている。
 サーチ効果を持つ《トゥーンのもくじ》の存在もあるため、《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》を筆頭に【トゥーン】以外でも使用することが可能である。

 クラッシュ・オブ・リベリオン以降から登場したトゥーンモンスターは、通常召喚可能で、攻撃制限と直接攻撃の条件は上記と同じである。
 ただしこれらのカードは、フィールド上の《トゥーン・ワールド》破壊された時に、自壊してしまうモンスター効果』を持たない点が異なる。

  • 第9期から登場したトゥーンの「元となったモンスター」は、全て原作やアニメで登場した、主要なキャラの主力・切り札級の大型モンスターが選ばれている。
    また、元となったカードと関連した効果を持つようになった。
  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では全20体中、10位だった。
    他に選出されたカードと違って、トゥーンが上記の出自であるからかこれだけカテゴリで一括されていた。

関連カード

―トゥーンモンスター
 ※はトゥーンモンスターに関する効果を持つモンスター

―トゥーンモンスターに関する効果を持つカード

関連リンク

FAQ

Q:「相手がトゥーンをコントロールしていない場合」というテキストの「トゥーン」について具体的に教えて下さい。
A:【種族・トゥーン】と書かれたいわゆる「トゥーンモンスター」を指し、「トゥーンと名のついたモンスター」はこれに含まれません。(09/06/29)

Q:相手フィールド上の《トゥーン・ワールド》破壊された時、自分フィールド上のトゥーンモンスター破壊されますか?
A:破壊されます。(11/05/02)

Q:セットされた《トゥーン・ワールド》破壊された時、トゥーンモンスター破壊されますか?
A:破壊されません。(15/06/04)

Q:手札《トゥーン・ワールド》破壊された時、トゥーンモンスター破壊されますか?
A:破壊されません。(11/05/02)

Q:《トゥーン・ワールド》発動《魔宮の賄賂》無効にし破壊した時、トゥーンモンスター破壊されますか?
A:破壊されません。(11/05/12)

Q:《マジカルシルクハット》効果セットした《トゥーン・ワールド》破壊された時、トゥーンモンスター破壊されますか?
A:破壊されません。(15/06/05)

Q:《マジカルシルクハット》効果セットした《トゥーン・ワールド》戦闘破壊された時、トゥーンモンスター破壊されますか?
A:破壊されます。(15/06/05)

Q:通常召喚セットしたトゥーンモンスター《太陽の書》表側攻撃表示にした場合、攻撃できますか?
A:はい、できます。(11/01/16)

Q:《浅すぎた墓穴》裏側守備表示特殊召喚したトゥーンモンスター《太陽の書》表側攻撃表示にした場合、そのターン攻撃できますか?
A:いいえ、できません。(15/01/15)

Q:このターン召喚反転召喚特殊召喚したトゥーンモンスター《月の書》裏側守備表示にした後、《太陽の書》表側攻撃表示にした場合、攻撃できますか?
A:いいえ、できません。(13/05/16)

Q:フィールド上の《トゥーン・ワールド》破壊された時、《明鏡止水の心》を装備したトゥーンモンスター破壊されますか?
A:トゥーンモンスター自壊対象をとる効果ではないため、破壊されます。(11/09/01)

Q:フィールド上に《トゥーン・ワールド》《スキルドレイン》が存在する時に、《大嵐》効果でそれらのカードが同時に破壊された場合、トゥーンモンスター破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(12/07/09)

Q:《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》等の、特殊召喚モンスターであるトゥーンモンスターレベルを他のカードの効果で変化させました。
  この場合、それに応じて特殊召喚する際に必要なリリースの数は変化しますか?
A:いいえ、手札にあるトゥーンモンスターレベルが変化しても《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》などはリリースは2体、 《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》などはリリースが1体必要になります。(15/05/21)

Q:トゥーンの「フィールド上の「《トゥーン・ワールド》」が破壊された時、このカード破壊する」という効果の分類は何ですか?
A:永続効果です。(12/02/27)

Q:トゥーンモンスター相手モンスターとの戦闘を行うダメージ計算前に、《トゥーン・ワールド》《マドルチェ・ティーブレイク》によって破壊されました。
  ダメージ計算によってトゥーンモンスター戦闘破壊が決定する場合、トゥーンモンスター戦闘効果どちらで破壊された扱いとなりますか?
A:ご質問の状況で《トゥーン・ドラゴン・エッガー》等が戦闘破壊される場合は、自身の効果によって破壊された扱いとはなりません。(14/01/09)

Q:特殊召喚モンスターに該当するトゥーンモンスター墓地から特殊召喚できますか?
A:《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》等の特殊召喚モンスター正規の手順特殊召喚された後に墓地へ送られた場合、《死者蘇生》等で特殊召喚できます。
その際、フィールド上に《トゥーン・ワールド》が存在する必要はありません。(15/05/28)

Q:《トゥーン・マーメイド》には『(相手フィールドにトゥーンモンスターが)存在する場合、トゥーンモンスター攻撃対象にしなければならない』とありますが、必ず攻撃を行わなければならないのでしょうか?
A:相手フィールドにトゥーンモンスターが存在していても、《トゥーン・マーメイド》攻撃しない事を選ぶ事ができます。(15/05/28)


トゥーン/Toon(カテゴリ)

 STRUCTURE DECK−ペガサス・J・クロフォード編−カテゴリ化したカード群。
 現在のところ、《トゥーン・ブラック・マジシャン》《トゥーンのもくじ》カードの効果と関係したカテゴリである。

関連カード

―「トゥーン」と名のついたモンスター
 ※は「トゥーン」に関する効果を持つモンスター

―「トゥーン」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「トゥーン」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

広告