ネタ

 笑いや面白おかしい話題の種になるもの。
 「−カード」「−デッキ」という形で用いられる。

 強いカードカテゴリデッキは実用性の面で話題になるが、こちらは弱さやコンボ成功率の低さ等が話題となりやすい。
 特に漫画やアニメで活躍したモンスターが、その知名度や人気に反してデュエルシーンにおける実力や性能が低い場合、そのギャップがネタにされる事が多い。
 《ラーの翼神竜》《機皇神龍アステリスク》等、OCG化に際して著しい弱体化を経たモンスターは特にネタにされやすい。

 それ以外でネタとなりやすいのは、イラストに特徴があったり、他のカードイラストで出番があるカードである。
 《戦士ダイ・グレファー》《成金ゴブリン》等が代表的だろう。

 現在ネタ扱いされているカードも、その後に登場するカードや新しい召喚方法によってネタから脱却する場合がある。
 今では専用デッキが組まれるほどの《ワイト》も、《ワイトキング》が登場する前は完全なネタ扱いだった。
 《青眼の白龍》も、エキスパートルールの導入後は実用的なサポートカードが登場するまではファンアイテムとしての地位に甘んじていたのである。

  • ネタデッキは「勝負に勝つ」というコンセプトとは違ったベクトルでカードゲームを楽しむデッキとも言える。
    対戦相手をも思わず笑顔にさせてしまう様なデッキこそ、真のネタデッキといえるのかも知れない。
    とはいえこれらのデッキを使うとしても、真剣勝負の場で使うならば本気でデュエルでき、出来る限り勝ちを狙えるデッキを作成したいところである。
    真剣勝負を楽しみたい人の中にはネタに偏重したデッキを敬遠する人もいるので、使用する場合は場の空気を読むようにしたい。
  • 原作・アニメにおいて―
    「決闘者の王国編」では遊戯の《クリボー》が「ネタ」のような扱いをしばしば受けているが、ほとんどの相手はその《クリボー》を侮ったために窮地に陥ってしまった。
    また、アニメでは遊戯が「城之内君に何となく似てる」という理由から《凡骨の意地》を所有していた。
  • アニメ5D'sにおいて、矢薙が使用した《水晶ドクロ》・《アショカ・ピラー》・《カブレラストーン》等オーパーツをモチーフとした【秘宝デッキ】もネタデッキに該当すると言える。
    専用サポートカードである通常魔法《トライアングル−O》、コンボが成立する速攻魔法呪詛(のろい)返しのヒトガタ》等も投入されていたのでどちらかと言うとファンデッキ寄りだが、彼の場合は効果を読まずにカード名イラストカードを投入していたようなので、実質的にはネタデッキだったと言っていいだろう。
    また、チーム・太陽の切り札である《眠れる巨人 ズシン》は、そのあまりにも厳しい召喚条件から「誰もが持っていながら誰も使わない」典型的なネタカードであった。
    しかし、それをあえて戦略の軸とし、遂に召喚を成功させたことで、それまでチーム・5D's寄りだった大勢の観客を興奮させ、味方につけることとなった。
  • アニメでは1話限りのゲストキャラがデュエルする場合、デッキとして見るとネタデッキである場合も多い。
    モデルは同じだが、シナジーという面で見ると皆無であり、エースへの繋ぎがそのカードである意味も薄いことが多いのである。
    もっともファンデッキとの境界はあいまいであり、作中ではデッキの中のわずかしか明らかにならない事が多いため、これは視聴者側からの判断の面も強い。
    この傾向は、メインデッキモンスターエクシーズ素材として活用されるだけの事が多いZEXALシリーズでよく見られた。

関連リンク

広告