マッチキル

 特定の条件を満たしながらデュエル1戦を勝利するだけでマッチ戦自体に勝利できる効果のこと、またそれを狙ったデッキのこと。

 具体的には、以下のような効果を指す。

(条件)した場合、
このカードのコントローラーはマッチに勝利する。

 サイドデッキからの対策では対応できないため、マッチキルデッキ環境に大きな影響を与える。
 極めて強力な効果だけに条件自体は相応に厳しく設定されているものの、マッチ戦のシステムを大きく乱すことができる点から、その存在自体が凶悪である。
 かつてはロック無限ループから《ヴィクトリー・ドラゴン》を使うことでマッチキルを目指すデッキが存在したが、《ヴィクトリー・ドラゴン》禁止カードに指定され消滅した。
 その後登場したマッチキル効果を持つモンスターは、World Championshipシリーズの恒例としてパスワードの位置に「This card cannot be used in a Duel.(公式のデュエルでは使用できません)」と記載されており、公式デュエルでの使用が禁じられている。

 強固なロックを敷いてエキストラターンへの突入を狙う戦略も、ある意味ではマッチキルと言えるだろう。

  • マッチキルに対しては故意に違反行為を行う(デッキを崩す等)ことでわざと反則負け(デュエルの敗北)になり、2戦目からメタカードを投入する、という対処方法がある。
    これらの故意による反則行為マッチの敗北失格に値する行為だが、過去の選考会における公式ヘッドジャッジの判断では「今のデュエルの勝敗が決していない以上はそのデュエルの敗北」という措置が取られた。
    もちろんマナーの観点からは責められて然るべきだが、この反則行為を推奨する裁定は選考会等の大きな大会でも度々下され、物議を醸していた。
    なお、遊戯王OCG事務局からは「あらゆる罰則・判断はジャッジに委ねられている」とのことであり、大会などでは現場の審判の判断が優先されることが基本となる。

関連リンク

―マッチキル効果を持つモンスター
 ※《ヴィクトリー・ドラゴン》を除く全てが、公式デュエル使用不可である。
  また《ヴィクトリー・ドラゴン》禁止カードなので事実上全カードが公式デュエルで使用できない。

―マッチキルを利用したデッキ

―その他のリンク

広告