公開情報/Public knowledge

 「手札の枚数」「墓地カード」「現在のライフポイント」等は公開情報であり、お互いにいつでも確認する事ができます。
 手札枚数やライフポイントを聞かれたプレイヤーは、正確に相手に伝えなければいけません。
 また、墓地については相手墓地でも手にとって確認する事ができますが、その前に相手に一声かけてから行うのがマナーです。
 また、墓地確認する際は、カードの順番を変えてはいけません。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0より引用)


  • 原作・アニメにおいて―
    劇中の描写からすると、あちらの世界ではライフポイント手札の枚数といった基本的な情報を除けばOCGに比べ公開情報が少ないようである。
    相手フィールド墓地確認するシーンは殆ど見られない。
    デュエルディスクが自動処理でサーチしたカードテキスト公開しない、相手に説明しないことが多いため、OCGとはルールそのものが異なる可能性も十分考えられる。
  • 効果が不明、と言っても大抵はその効果発動した時や効果解決を終えた時にその処理の説明を口頭で行っている。
    とは言え、ルールがファジーであった初期の頃は《伝説のフィッシャーマン》など自力で相手の能力を把握し突破せねばならない時もあった。
    また、漫画ARC-Vでは、蓮が《白闘気双頭神龍(ホワイト・オーラ・バイファムート)》の効果を明かさずにデュエルを進めており、攻撃力を0にされたり攻撃無効にされても攻撃を成功させ相手を驚かせている。
    この時に対戦相手の遊矢は「この謎を解かない限りオレに勝機はない」とコメントしており、効果を明かさないことを責めてはいない。
    少なくともこの世界では、決闘中であっても効果を対戦相手に説明する必要がないようである。
  • 一方、墓地へ送られた瞬間を見逃さずにその後のデュエルに役立てた例も見られる。
    アニメDMの「闇遊戯vsラフェール」(2戦目)では、ラフェールの手札腐っていた《死者蘇生》墓地へ送られたのを闇遊戯が確認し、後に逆利用している。
    アニメ5D'sの「遊星&鬼柳vsロットン」戦(遊星は途中離脱)では、ロットンが鬼柳の墓地へ送られた《インフェルニティ・デス・ガンマン》を確認している。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において、デュエル終盤に遊星が手札の1枚を隠し持っていたことがある。
    鷹栖に監視カメラで手札を覗かれていたことへの対抗手段であるが、手札の枚数が相手に正確に伝わらないので、ルール上は問題がある。

関連カード

―公開情報を確認できなくするカード

関連リンク

FAQ

Q:相手フィールドにあるエクシーズモンスターが擁するエクシーズ素材の数等は確認できますか?
A:はい。ただし、相手の方に一声かけてから確認をすることになります。(11/07/18)

広告